ブログ Blog

利用する金融機関の企業風土はあなたの資産増減に直結しますよ

驚きの内部調査

何かしらの金融商品を
利用されるのであれば

この手の情報は
知っておきたいものです

👇👇👇
東京新聞

みずほのシステムトラブルは
何度発生しましたかね?

ぐらい複数回発生していて

単にシステムの問題かと思いきや
企業風土のようで

こういうところでは
お世話になりたくないものです

 

預貯金に関しては風土など関係なく
何も気にしませんけど

運用や保険となると風土は大切

ただそれを利用者が知るすべは
無いように感じますが

 

運用に関して

良い運用は運用会社の
良き風土から生まれる

なんて言われまして

とても大切なこと

 

昨今当たり前になりつつある
【顔の見える投信】

が人気なのは間違いなく
この風土が垣間見えるからです

独立系投信と呼ばれる
販売会社を介さない投信

代表的なものが

●ひふみのレオスキャピタルワークス

●セゾン投信

●コモンズ投信

●鎌倉投信

等々ですね

これらの運用会社は運用に対する
方向性&哲学がとてもよくわかりますよ

 

ですが販売会社を持つ投信の方が
圧倒的に多く

◆大和アセットマネジメント

◆日興アセットマネジメント

◆野村アセットマネジメント

等々

すべて証券会社や
銀行等の販売会社があります

そうなると方向性&哲学等よりも

系列会社の商品を
推してしまうのは仕方が無く

風土と言えばそれまでかもしれません

 

ですので出来るだけ
顔を見るようにしたいのですが

一般の方にはとても難しい
作業ですかね

 

その点からすれば
つみたてNISAは

その心配がとても少ない
唯一の制度かもしれません

方向性は金融庁が示していますので
そういう意味で利用するに値しますよ

 

ちなみに冒頭のみずほ

みずほの系列運用会社は
アセットマネジメントOne

たわらノーロードシリーズが人気です

記事のような風土であれば
利用したくありませんが

たわらノーロードシリーズは
つみたてNISA対象商品であって

方向性ははっきりわかります

となればこれに関しては利用できますね

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。