ブログ Blog

見た目は似ていますが大きく異なる典型です

何気ない業界向けの記事なのですけど

時代の流れというか
心理が見え隠れするのです

👇👇👇
日本経済新聞

投信の2020年12月
資金流入ランクですね

毎月この手の記事はありますから
『今月はそうなのね~』なのですが

ちょっと興味深いのです

資金流入の首位は
HSBCグローバル・ターゲット
利回り債券ファンド2020-12

かたや資金流出首位は
野村PIMCO・世界インカム
戦略ファンドAコース

運用会社は違えど
共に債券へ投じるファンド

不思議なものですね

同じ債券でありながら
両極端の結果ですから

ただ何となくですけど
人の心理が見え隠れかな?でして

 

まず資金流出首位の
野村PIMCO

専門用語で言うところの
《追加型》です

いつでも誰でも購入できる
ファンドということ

つみたてNISAやイデコで購入できるのは
すべてこの追加型

 

かたや資金流入首位の
HSBCは《限定追加型》

いつでも購入できない
期間限定型ですね

これがどうこうでは無くて

流入首位のHSBC
期間限定タイプはちょっと特殊でして

4年ぐらいの期間で
預貯金より多少殖やしたいニーズ用

年利1%を目指す安定志向タイプです

しかもこの度のファンドは
好評につき第三弾になりますからね

👇👇👇

そもそも債権は安定が欲しいがために
購入しますよね

となればいつでも購入できるファンドより

◆期間限定で運用額が決まり
かつ
◆4年という短期

ですのでリスクは抑えられます

これは運用にとって
とても大切なコトです

個人にとって運用額は
小さな額ですけど

期間に関しては
運用会社も個人も同じこと

【長期】は安全のイメージがありますが
長くなればなるほどリスクは増大

出来ることなら
短期が好ましい

しかも上記の2ファンドは
共に外貨が入ってきますので

そうなればなおさらです

そのために2ファンドとも
コストを払ってまでも
為替リスクを排除しています
(為替ヘッジタイプ)

同じ債券と言えども
人間は損失を嫌いますね

プロスペクト理論は
常に当てはまります

この記事からもわかりますように

何かしらへ投じるのであれば
リスクから!考えたいものです

得られる利益よりも
避けられる損失が優先です

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。