ブログ Blog

古酒は良いが劣化酒は…貯蓄も似たようなものです

数量限定で再販が決定ですって

👇👇👇
産経新聞

12年
飲んだことあったかな?

この手を飲むときはすでに
多少お酒がまわっていますからね

あれは何年だったのでしょう。。

ただ白州が美味しかったことは
覚えています

店頭に並ぶようですけど
即売でしょうね

転売が横行するのは
仕方がありませんか

 

さてこれは12年もの

お酒は古酒が良いとされていまして
金融商品も同じことが言えるジャンルは
ありますね

投信等は特に同じでありまして
長く続くモノが前提として選択します

ふと疑問に思いましたので
現在の状況を調べてみますと

モーニングスターさんを
お借りして

設定から30年以上のファンドは

👇👇👇

38件ですか

投信全体では5,000本近く
ありますがね。。

では40年以上となると

👇👇👇

50年以上では

👇👇👇

60年以上では

👇👇👇

このような状態です

ちなみに最も古いファンドは
大和さんの大型株ファンド

設定は1961年12月2日

残高は約14億円と少な目

10,000円から始まるものが多い
基準価額は1,065円

低いですね。。

分配金を出し続けてきたのでしょうか?

調べる限り設定当初からの
運用結果は見つからず

過去10年では10.62%

十分ではありますが

ただ分配金を出しているなら
元本を食っているでしょうからね

このあたりが数字だけでは
なんとも言い難いところです

お酒に古酒と劣化があるように
古いだけでは良し悪しがわかりません

メンテナンスは必須でありながら

金融商品を作る側が時代と共に
コンセプトは変わりますので

時代に応じて移れることが
最良です

加入したらやめられない?!
などは避けたいのです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。