ブログ Blog

国立大学で日本初の東京大学債は即売!ですが…

即日完売だったようです

👇👇👇
NHK

前々から報道されていて
人気が高かったので納得

期間は40年
利率は0.823%

なんで売れるのですかね。。

というのはあくまで個人目線の意見で

購入するのはほとんが
機関投資家&企業&自治体等々でしょうね

その方々から見れば
安心して預けられる債券かもしれません

このような大学債が
今後ますます増えるようです

大学の経営
安泰ではないようですから

そうなれば私たちにとっても
預け先候補が増えるわけで

資産づくりに取り入れたいところ

ですがあなたの周りで
債券をお持ちの方

どれほどいらっしゃいますか?

国債は比較的多いかもしれませんが
それ以外の債券はどうでしょう?

ちなみに私の周りには
数人しか思い浮かびません

株式は活発なのに
債券はまったく…です

その理由はプロが集まる場だからですね
債券市場は

個人が判断するには
とても難しい

格付け・価格・利回り
この関係性がわかっていないと
動くに動けない

かつ銘柄が少なく
購入価格は高額なものが多い

人気債券であれば億単位はザラです

そんないくつかの理由が絡み合って
個人さんには遠い場所となってしまいます

そうであるからこそ
投信が向いている債券ですが

債券自体がどうなのか?
の時代に突入してしまいました

債券はあなたの資金を
先方に貸す行為

貸すのでありますから
いくつかの約束事が決まります

返済期間&金利等々

ですのでムチャな約束は出来にくい

とても現実的な範囲に収まってしまう

なのに現代に即さない金利が提示されていたら
何かしらのコワさをはらんでいます

債券は簡単に考えないでください
株式よりもわかりづらいですので

ちなみに数か月前に発行された
ニッサンの債券

想定よりも売れなかったとか

期間は短く金利も良かったですが
信用がいまひとつ。。

どうぞ債券はご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。