ブログ Blog

この度のGPIFの運用結果を多少深堀りしてみましょう

昨日ちょっとだけ触れました
GPIFの運用結果

これは個人の資産つくりに
参考になりますので
少し深堀しておきます

まず記事はこちら
👇👇👇
NHK NEWS WEB

巨額な赤字!となったわけですが
それは当たり前です

これまでの運用によって
運用額は増えているのですから

焦点は【額】では無く
【収益率】ですよね

記事によれば
1月~3月はマイナス10.71%

1年(通年)で見ればマイナス5.20%

これはどれぐらいのコトなのでしょう?

そこに関しては
どの記事も触れていないのですね

ちなみに下の円グラフが3月の
資産配分(ポートフォリオ)

👇👇👇

これから考えますに
おおよそのリターンイメージは
3.5%ぐらいでしょうか

そしてリスクは9%ぐらい

ちなみにリスクは
マイナス9%の意味では
ありませんでのご注意ください

1月~3月は
マイナス10.71%なわけで

数字だけで見れば
リーマンショックと
同じぐらいの打撃です

ただ1年(通年)で
マイナス5.20%ですから

どちらかといえば
たいしたショックではありません

昨年の4月~12月が
好調だったことがよくわかります

 

さて現在のGPIF

実質の運用利回りを
最低1.7%で考えておられる

その配分(ポートフォリオ)は
👇👇👇

4資産
国内債券・外国債券
国内株式・外国株式

ともに均等の25%

 

そして今から14年前
2006年~2009年の
配分(ポートフォリオ)は

実質運用利回りを
1.1%で考えていた

その配分(ポートフォリオ)が
👇👇👇

全然違いますよね

国内債券が
67%も占めている

ちなみに現在の
30年国債平均利回りが
約0.4%

2006年当時は
約2.4%

時期の違いだけを見ても
国内債券の比率が
下がるのは納得です

国内債券の意味合い
今ではほぼゼロかもしれません。。

どうぞご注意ください

ちなみに
預貯金/学資保険/
年金保険/終身保険

これらが国内債券でございます

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。