ブログ Blog

パナソニックの退職金が注目を集めていますがあなたはいつから

40代経営者さん

解約金が積みあがる保険に加入されていて

『いま解約したらいくらある?』
のご確認

まとまった資金が必要なようで
試算ですね

 

結果的に解約は不要でしたけど
会話の中で

勇退のことがそろそろ頭をよぎるようです

私も40代ですので
よく理解できますね

人生100年時代と言われる現代

いつまで収入を確保できるのか
とても大切なことであります

 

先月スクープが話題になったこちら

👇👇👇
DIAMOND ONLINE

人を大切にしてきた
松下電器ですので

50代のリストラが
注目を集めています

4000万円も準備して
リストラに舵を切った理由

いくつか挙げられていまして

その最たる理由は今年4月に施行された
高齢者雇用安定法の改正だと言われます

 

企業には5つほど
努力義務が課せられて

要は

70歳まで雇用出来るように!
です

企業側とすれば
さすがに70歳までは長い?!

と思われたのかもしれません

 

人生の三大出費と位置づけられている

●子供(教育)

●マイホーム

●老後

この中で取捨選択できないものが
老後です

生きていれば必ずやってきますので
誰しも対処が必要

一発ドン!と稼ぐ方以外は
いつその準備を始めるか

考えておきたいものです

 

冒頭の40代経営者さん

この方が利用されている金融商品は

◆株式

◆確定拠出年金

◆保険

◆預貯金

この度あらためて
それらを確認されました

その中で

金額の大小ではなく
案外貯まっている?!

と思われたのは
確定拠出年金だったようです

 

今でいうところのイデコ

最近になって出来た制度と
思われがちですが

この制度自体は2001年から
スタートしています

この方は銀行さんとのお付き合いがあって
当時行員さんから勧められたようで

『意味わからん』

と始められましたが
今となっては

『やっといてよかったの』
らしいですよ

 

ただ

『いま解約できんじゃん!』
は想定外のようで

『それでも60歳時に貯まる金額がわかって
それはそれで良い!』

でした

 

 

あなたのご年齢はわかりませんが
退職&勇退されるまで

何年ありますでしょう?

必ずその時は来ますので
そこへ向けて利用する制度&商品

間違えないように選択ください

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。