ブログ Blog

報じられないコトが多い日本…廃止まで9か月となった問題です

2年ほど前からですかね

どうするの?と言われ続け

コロナによって延期?!
と言われながらも

ケツは変わらないようです

👇👇👇
ブルームバーグ

この問題
TV等で報じられています?

見たこと無いのだが…

結構大切な話かと

 

◆LIBOR(ライボー)

ロンドン市場における
銀行間取引金利(指標金利)

世界中がこの指標を使っていて

数年前に不正操作があったために
これを廃止しよう!

となっています

2021年末の廃止は決定済み

 

最初にこれを知ったとき

じゃ変えれば!
と思いましたが

コトはそんなに簡単では無いようで

代替え指標は各国で対応されていて
日本は特に遅い様子

わたし達が目に見えて関係することは
住宅ローンや債券の金利

間接的にはたくさんありますね

どのような新指標になるのか
気になるところです

 

それともう1つ

最初にこれを知ったとき

なぜイギリスの指標を
世界が使うのだ?

個人的にはそれが疑問でした

 

調べてみると納得でありまして

LIBORの取引が始まったのは
1986年

さかのぼること
イギリスのサッチャー時代

この人と言えば
金融ビッグバンですね

この金融ビッグバンの一環が
LIBORだったようで

世界的に見てもかなりの
大改革だったようです

 

詳しく書くとマニアックすぎるので
割愛しますが

イギリスは金融ビッグバンの
おかげもあって

いくつかの取引で
現在も世界一位であります

そしてこれらを全てひっくるめて
国際金融センターとなったのですね

 

現在の国際金融センターランクは

1位:ニューヨーク
2位:ロンドン
3位:東京
4位:上海
5位:シンガポール

日本は3位でありながら
香港・北京が躍進していますので

さらなる上位を目指しているところ

仮にそうなると世界からマネーが流れ
それに伴い世界から企業がやってくる

かつ

日本人の貯蓄率は高いので
世界の金融機関はそれを目指してやってくる

なんてことが本当に起これば
どうなるのだろう?

と感じますね

島国であって資源の乏しい日本は
マネーのチカラも借りなければ

明るい未来は?!
でしょうか

LIBOR問題

日本の未来につながるかもしれません

注視ですね

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。