ブログ Blog

4月からいよいよ中央銀行がデジタルの実験開始です

今日からプロ野球は開幕ですね

4月の新年度に向けて
様々な業界が動いています

それはおかねの世界も
同じでありまして

いよいよ動き出しますね

👇👇👇
日本経済新聞

中央銀行デジタル通貨

要は国のデジタル通貨ですね

『今のところ発行は考えていない!』
となっていますが

恒久的に考えていなのであれば
実験などするはずがありません

世界各国の動きに
追随するのでしょう

とはいっても多少
遅れているようですが…

 

さてその中央銀行デジタル通貨

紙幣が廃止になって
便利になるだけ?!

なのか何なのか

中国元の基軸通貨狙いは
置いておいて

日本国内では何のために
行うのでしょう?

世界の流れと言えば
それまでですが

こんな構想がその本丸かもしれません

👇👇👇
日本経済新聞

有料版ですので関心のある方は
目を通して下さい

ここにはいくつかの構想というか
予測みたいなことが書いてありまして

その1つ

わざに中央銀行がデジタル通貨を
発行する意味が

というか

発行することで後付け的ながら
意味のありそうな構想があります

記事のタイトル通り

現金に金利が付くと

 

ただここで言う金利は
銀行等の金利の意味では無くて

マイナス金利のこと

現在のマイナス金利は
日本銀行&銀行等が

日本銀行の当座預金を絡ませて
どーのこーのと

かなりややこしい
制度設計になっています

そんなことをしなくても
デジタルになれば

そのデジタル通貨自体に
マイナスを付せば良い

かなり簡単ですよね

わたし達が持っている
1万円のデジタル通貨

それにマイナス2%を
付せたいのであれば超簡単

そんな未来が近い将来やってきそうです

現実に中央銀行デジタル通貨が
発行されれば

これは現実化しそうで

もっと言えば税の徴収まで
行えるのでは?!


それはありませんか

デジタルといえど
個人のモノですからね

 

とはいえ2022年に中国人民元は
デジタル通貨を実用化したいわけで

各国もそれに追随すれば
日本も数年以内に実用化かもしれません

そうなると通貨分散の意味では
デジタル通貨も

組み入れることになりますかね

それが現実味を帯びる
記事であります

4月からの実験開始
かなり注視です

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。