ブログ Blog

巨大運用会社が世界を動かしている?!なんて感じる出来事

思い切りますね

👇👇👇
朝日新聞DIGITAL

松下電器のパナソニックみたいなことですか

まあそんなことはどうでも良く
気になったのは記事内のココ

👇👇👇

ここでもブラックストーン!
です

◆ ブラックストーン・グループ

米国の大手投資ファンド

経済紙にはしょっちゅう登場しますよ

たまたまですけど昨日のブログに書いた
リフィニティブのファンドアワード

このリフィニティブは現在
ロンドン証券取引所グループの傘下

ですけどその前は
ブラックストーンの傘下でしたからね

それほど買収等の話では
よくよく目にする企業です

貯蓄において投じる世界を
導入しているのであれば

これら企業の存在を知っておいて
損はありませんね

 

そして投じる世界ではもう1つ
ブラックの付く企業がありまして

それはブラックロック

◆ ブラックロック

世界最大の運用会社

最大というか昨年までの
最新のデータでは

世界一位の資産規模です

ここの投信を保有している人は
多いはずですよ

 

この2企業

企業名は似ていますが
まったく関係ない?!

ことはなく

ブラックロックはブラックストーンから
独立したのですね

ブラックストーンの会長が
めちゃくちゃ後悔しています

と言わすほど
大きくなった運用会社

探してみますと当時の記事が
まだありましたよ

👇👇👇
ブルームバーグ

《甚だしい》ですから
そのように思わせるほど成長してしまい

その片鱗はあまた
見受けられるわけで

例えば米国の大統領バイデンさん

ブラックロック出身者を
起用するほどです

👇👇👇
ブルームバーグ

ここまで行ってしまうと
ここが投じると決めたことは

それが世界を動かすと言っても
過言ではありません

《陰謀説》はおかねの世界で
常に言われていますが

陰謀もなにも表立ってやっているのでは?!
などと勘ぐってしまう。。

ですのでやはりこれらの企業の動向は
知っておきたいところです

 

そしてこのブラックロックが
完全に舵を切った!

と言われているのが
もう聞き飽きた脱炭素

カーボンニュートラルです

そしてそれらを総じて
SDGsやESGと言っていて

そこへ投じられているファンドが
主軸になりそうですよね

組み入れる?!ではなく
外せないファンドへ

これは個人的なことですけど
自身の資産にも組み入れようと考えていて

もうちょっと手数料が下がればな~
と思うこの頃

資産づくりに関わることは
日常にあふれている

そんなことを感じさせる
アリナミンの記事であります

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。