ブログ Blog

また1つファンドアワードが発表されました

この時期はファンドアワードが
出そろう時期でありまして

また1つ発表されました

👇👇👇
リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード・ジャパン2021

◆ リフィニティブ

ロンドン証券取引グループの
グループ企業

金融情報サービス業

金融機関等に情報を
提供する企業ですね

世界中の大手金融機関とは何かしらで
つながっていると言いますから

プロ向けの情報が多い印象です

 

投資信託部門とDC(確定拠出年金)部門が
設けてありまして

運用会社とファンド

各々を決められますね

気になる方はご確認いただくとしまして
ちょっと気になる点がありました

 

投資信託部門の株式部門

最優秀会社賞を受賞されたのは
ちばぎんアセットマネジメント株式会社

おそらく一般の方は滅多に
目にしない会社ではないでしょうか?

 

その名の通りちばぎんグループ
運用会社ですね

株式部門での受賞ですので
該当ファンドすべてが高評価なのだろうか?

ですけどここの名を聞きますと個人的には
1つのファンドしか浮かびません

愛称は発掘名人

正式名称:日本中小型株ファンド

ファンドの内容は名の通りです

そしてこのファンドが設定されたのは
2017年7月31日

まだ3年強ですね

ですが集まっている資金は
46億円ほど

地方の運用会社にしては
大きな額でありまして

それを集めた販売会社は

● 千葉銀行
● ちばぎん証券
● 武蔵野銀行

3つだけです

営業力の匂いしかしませんが。。

 

それはいいとしてこのファンドが
受賞の大きな要因とすれば

おそらく過去1年の
運用結果ではないでしょうか?

過去1年のリターンは
驚異の55%です

1年で資金は1.5倍ですね

ただこのファンドの
スタートから見れば約5%

これ確実にコロナバブル?!
なんて思うのは私だけかもしれません

このように運用に携わらない私のような外野は
好き勝手言いますが

ファンドアワードは過去1年の
運用結果を表しているとしたら

資産づくりの柱には
なりにくいですね

やはりこのアワードは
玄人向けの印象

この手のアワードを
ファンド選びの参考にする際は

選考基準等々は
目を通しておきたいものです

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。