ブログ Blog

外国へ投じられるありがたさ

タイトルに反応してしまいます

👇👇👇
NHK NEWS WEB

次から次へと掘り起こされますね。。

ですけど政治の話は置いておくとして

【外資規制】
は気になるワードの1つです

◆外資規制

国内企業への外国資本に対する規制

 

どの国も行っていますよね

自国の財産を守らなければなりませんので
あって然るべき規制

そしてこの規制の大本の法律が
【外為法】なんて呼ばれ

正式名称は
【外国為替及び外国貿易法】

とはいえそんなことは
どうでも良く

この外為法

少し前に改正されたのですけど
多少賑やかしまして

覚えていらっしゃいますでしょうか?

 

ガスや原子力や武器等々の
国の安全保障にかかわる企業さんたち

これらへ外国人が出資(投資)する際に
出資比率が10%以上であれば

事前に届けなければなりませんでした

それでは甘いということで
1%以上に変更

そうなると投資ファンド等が
なんでそんなことをする!

となる始末。。

それでも無事に改正されましたね

 

そしてその時にリストが作成されまして

事前審査の対象となる
企業さんのリストなのですが

それが物議をかもしました

 

たとえば銀行さん

日本の3メガバンクと言えば

● 三菱UFJ銀行
● 三井住友銀行
● みずほフィナンシャルグループ

この3メガの中で三菱UFJさんだけ
リストから洩れてしまった

なんで?
となりますよね

三菱UFJは外資が
どんどん入っても良いのか?!

になります

個人的には日本の銀行で
傾いたらもっともマズいのは

三菱UFJさんだと思いますけどね

 

それもいいとして
その洩れた明確な理由は?!

憶測が飛び交ったのです

結論としては
サイバーセキュリティに関する業務が
あるとか無いとか?!

それが分かれ目では?!
でした

ということは三菱UFJさん

俗に言う物言う株主が
入ってくる可能性はありますよ

大丈夫なのだろうか?
なんてことを感じてしまいます

 

ですけど世界各国は規制に反して
外資を必要としていて

グローバルを求めながらも
求めすぎないで?!みたいなことですね

そう考えますと個人の極小資金でも
投じれられるのは有り難いことかと

ちょっとマニアックではありますが

【外国税額控除】なる
日本と外国での二重課税を
調整する制度もありますからね

せっかくならばそのメリットを
享受したいものです

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。