ブログ Blog

金融はまだまだ【売り】が強い業界です

こんなこと過去にありましたかね?

👇👇👇
ブルームバーグ

投信の名称が誤解を生むのでは?!
です

販売を開始してまだ
1年も経過していません

その時点でこんな問題意識を
持つなんて

金融庁は本気ですね。。

ちゃんと販売しなさい!
と言いたいのでしょう

過去にはいくつもダメだしされた
商品がありましたので

その手の商品を
一掃したいと思われる

 

しかしよく見ています…

個別商品をチェックしているのだ

とは言ってもこの記事の商品は
販売当初からかなり注目を集めましたので

見つけやすかったのかもしれません

グローバルESGハイクオリティ成長株式
(為替ヘッジ無し)

byアセットマネジメントOne

 

注目を集めた?!のは

この商品
《大型設定》と言われまして

この業界は販売当初から
おかねを集めるのですけど

その額がとてつもなく大きくて
3830億円ほど集めました

この額は歴代2位の額だったのですね

それほど集めた後も
現在まで順調に販売中で

今日現在の残高を確認すると
1兆円強

30億円で十分と言われる世界で
1兆円です。。

さぞネットのチカラがすごい?!
と思いきや

この商品

みずほ系列のみの販売です

● みずほ証券
● みずほ銀行
● みずほ信託銀行

この3金融機関だけ?!

営業力ってすごいものです。。

ただこの商品の運用会社である
アセットマネジメントOne

みずほ系列の運用会社ですので
販売にチカラを入れるのは納得します

 

ちょっと気になったので
残高のランクを確認しますと

モーニングスターさんの
データをお借りして

この商品はちょうど10位ですね

👇👇👇

というかその上

トップ9位まですべて
上場投資信託(ETF)です!

上場投資信託はその名の通り
上場していますから

販売会社で購入するのではなくて
株式と同じく市場で売買します

この商品を含む一般の投資信託は
販売会社(SBI証券や楽天証券)ですので

上場投資信託よりも
商品に触れる人はかなり少ない

にもかかわらず
1兆円も販売しているとは。。

 

と思ったらもう1つ

その下の11位
残高は僅差なのですよ

👇👇👇

11位

確認しますと

これの販売会社も
みずほ系列のみだ。。

しかも先の商品より1つ少なく

● みずほ銀行
● みずほ証券

みずほ恐るべし。。

というか

まだまだ受け身のジャンルですね
投信は。。

これがこの業界の現状ではありますが
仕組みはとてもすばらしいですので

毛嫌いされませぬよう!です

 

それよりもみずほさん

この度またしても
ATMが大規模システム障害

注力される点が
ちょっと気になります

まだまだ金融は
【売り】の文化が強いです

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。