ブログ Blog

専業主婦さんの年金はじわじわと改正されますかね

なかなか向上しませんね

👇👇👇
沖縄タイムズ

前々からこの状況は続いていて

どうやって向上させる?!
よく言われています

県民性や周知状況によって
すぐすぐには難しいようですよ

ですけれども沖縄県の
納めている人たちには
関係ありませんね

納付率が低い県だからといって
何ら影響はありません

すべては個人の問題ですので

 

以前から時折ご質問を受けます

特に若い方から
『国民年金は払った方がいいのか?』

もちろん払った(納める)方が良く
ただ制度が破綻しない前提であれば?!ですが

納める保険料と
受け取れる年金額の優位さや

遺族年金に障害年金

すべてが万能ではありませんけど
よく出来た制度です

 

日本の年金制度は【世代間の所得再分配】
と言われますよね

現役世代の納めた年金を
その時の年金受給者へ

かつそれだけでは無くて

【地理的な所得再分配機能】も
あると言われます

それが冒頭の記事の
話に絡みます

この点も年金制度の
優れた点だと感じますね

 

ですけれども現在のところ
もっとも危惧されるのは専業主婦さん

働く旦那の年金にタダ乗り?!
の声は大きくなっている気がします

厚生年金(共済年金)の保険料が
働く人の収入で決まってしまいますものね

これが扶養の有無で
保険料が決まるのであれば
世帯保険料となりますが

現行はそうなっていませんので
この声はしばらく続きそう

というより専業主婦さんの
現行制度を廃止?!の声が

チラホラ聞こえますから
その方が心配であります

実際に厚労省も【第三号縮小】を
掲げています

制度の変更は時間の問題と
感じてしまいますので

その点を考慮して
資産づくりを行いたいところです

とはいえすべては現行の水準で
制度維持が出来れば?!です

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。