ブログ Blog

アジア最後のフロンティア?!ミャンマーを含む新興国は変わってしまうのでしょうか

日経平均

終値で29,000円台
乗りましたね

30年6か月ぶりですって。。

怖さしか感じませんけど。。

世界のマーケットは絶好調?!

なのですが世界中が
良いわけは無く

今はミャンマーが気になりませんか?

連日報道されていまして
とりあえずの決着はどうなるのでしょう

この度のコロナと現在のミャンマーから
世界の流れを感じるというか

ちょっと流れが
変わったかもしれませんね

 

ミャンマーの株式市場

アジア最後のフロンティア
なんて言われていまして

外国人に開放されたのは
昨年の3月

まさにコロナ禍でした

たまたまネットニュースで知って
あれから何年経ったかな?と調べましたね

2015年でした

ミャンマーのヤンゴン証券取引所が
設立されたのは

当時この話題は比較的大きく
報道されまして

大和証券グループと
日本取引所グループが関わりましたので

日本人にとってはかなり身近な
出来事だったからでしょうね

 

あれから5年が経過して
ようやく外国人にも開放されましたけど

間違いが無ければ上場会社は
まだ6社しかありませんから

わたし達の感覚とは
かなりズレがありますよね

そんなお国ですので
ミャンマーへ投じるファンドは皆無で

アジアへ投じるファンドの中に
少しだけ組み入れてある状況です

今からの国ですので
今後が楽しみなわけですが

最新のファンドランクや
マーケットの数字を見ると

ミャンマーを含む新興国が
上がってこれない印象

1週間ほど前の日経に
つみたてNISA対象ファンドの

過去3年の運用実績が
公開されていましたね

 

数日前のブログにも書きましたが

多クラスに比べると新興国全体が
芳しくないのですよね

👇👇👇

もちろんプラスですので
十分なのですけど

世界の中で日経平均がトップだなんて
どう考えても?です

将来性よりもとりあえずのおかねの
預け先ぐらいの感覚?

新興国は必須の考え方が
多少変化したのでしょうか

先進国が世界を引っ張っりすぎている
不思議な現象

長期目線の資金に関しては
一喜一憂したくないものです

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。