ブログ Blog

おかねを刷る?!刷らない?!真剣に考えたい

そうなんだ~
ぐらいの印象です

👇👇👇
ロイター

2020年がマイナス4.3%ですので
おおよそ倍ぐらいの想定

やはり『へー』ですよね

ですけどこの数字が
世界に投じる結果予測とも言えますから

頭の片隅に入れておくと
リターンのイメージはしやすい

 

さてこれを発表しているのは世界銀行

こちらの使命は
👇👇👇

見えにくいですね…

世界にける極度の貧困を解消しよう!
です

日本も戦後に借入れを行って
お世話になった国際開発金融機関

今ではアメリカに次いで
世界第二位の出資国ですね

トランプさんが
『中国はいつまで融資を受けるつもりか?!』
が話題になりました

要は新興国に融資を行うわけです

となればそれに便乗した商品が
登場してしまうのが金融の世界

👇👇👇
世界銀行債券ファンド

by日興アセットマネジメント

この実績はどうでも良いのです

ちなみにいま一つです。。

 

ここで書きたかったことは
このファンド

【自国通貨建て】と言われる部類です

① 円建て
② 外貨建て

は目にすることがありますかね

その中の②外貨建てに属するのですけど
それはさらに分かれまして

③ ドル建て
④ 自国通貨建て

となります

このファンドは
④自国通貨建てファンドです

となればデリメリはありますが
それはまたの機会として

新興国にとっては
自国通貨建てを発行するのは
とても難しい

通貨の信用がありませんので
資金は集まりにくい

そのため現在のところ
自国通貨建を発行できる国は

世界の中で20か国弱?
と言われるほどです

 

ですけどこのファンドは
世界銀行の裏付けがあります

世界銀行のHPには
その根拠が示してありますよ

👇👇👇

Moody’sはムーディーズ
S&Pはスタンダード&プアーズ

共に格付け機関でありまして
そこから最高ランクの評価をもらっていると

ですので『安心です』
と言いたいと思われます

ちなみに日本は自国通貨建て貨が
発行できる国でありますね

この話題はもう少し
浸透して良いのでは!

というか

この度のコロナが
良いきっかけになるのに!

と感じます

 

自国通貨建て債券が発行できる国は
破綻しない?!

これは様々な意見がありますよね

■コロナ休業にはおかねを刷れば良い?!

■だけどそれは将来の増税を伴うから
出来る手段ではない?!

みたく
答えがわかりません

少し前に麻生財務相がこの話題に触れて

『世界の実験国になるわけにはいかない!』
と言われておりました

ただ財務省のHPには
ちゃんと書いてありましてね

これは先の世界銀行の安心を裏付ける
根拠となっている格付け機関に向けた
意見書の形で示してあります

格付け機関が日本を下げたことに対する
怒りのコメントですね

👇👇👇

ちゃんと社名まで公表して
ムーディーズ&S&P宛になっています

ここで書いてある総論は

👇👇👇

なんてことを考える時期かと

この話は深すぎて
一朝一夕では理解できません

休業の善悪が叫ばれていますけど
その根本の話

もっと報じて欲しいものです

あわせて格付け機関は
軽い参考程度にお考え下さいね

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。