ブログ Blog

世界初のデジタル通貨開始!その後の動向に注目が集まっています

年末少々話題にあがっていましたお年玉

会えないからキャッシュレス?
なんて言われて

どうなのでしょう
現実にキャッシュレスで行ったのだろうか?

ただもらう側は現金が一番でしょうね

使用制限がありませんから
まだまだ現金の使い勝手に勝るモノはありません

とはいえそれは各国によって事情が違うようで

これまた注目を集めていた
バハマ

世界で二番目ですかね
中央銀行発行のデジタル通貨利用は

ほぼ時を同じくして開始されたカンボジアと共に
利用後の動向が注目を集めています

👇👇👇
ロイター

便利でしょうね

使う側はもちろんのこと
お店側も釣り銭の準備は不要だし

キャッシュカードみたく
手数料も無いし

日本でも浸透するのは
時間の問題と感じます

となれば危惧されることが
1つありますね

仮に世界で各国の中央銀行が発行すれば
米ドルはどうなるのでしょうか?

新興国ほどこの流れが
早いと言われていています

時効通貨の信用性が乏しいですので
米ドル決済の国々が多い

自国の米ドル化=
ダラーライゼーション


しょっちゅう紙面に登場しますよ

自国通貨の存続のためにも
米ドル化を防ぎたい

昨年の通貨取引量のデータがこれです

👇👇👇
ブライトアセット株式会社

約9割が米ドル。。

新興国が米ドル化を阻止したとしても
簡単にはこの状況は変わりませんかね

資産づくりには通貨分散の意味においても
まだまだ米国は必須です

あっ

ですけどマネーセミナなどで時折耳にする
通貨分散のために米ドル建て〇〇を!

これはちょっと意味がわかりません

日本国内で米ドルは
使用できないのですから

あくまで運用中においては
分散しているだけ

仮に将来日本国内で
米ドルが使用できるようになれば
意味合いは変わりますよね

どうぞご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。