ブログ Blog

2021年は昨年設定された新指数が気になります

明けましておめでとうございます

2021年もどうぞ
よろしくお願いいたします

いかがでしょう?

良き年末年始をお過ごしでしょうか?


ご挨拶は例年通りでありますが
世の中はまだまだ静けさ真っただ中で

早く平常にもどることを
願うばかりです

そんな2021年のスタート

これの今後が気になるところです

👇👇👇
BBCNEWS JAPAN

何事も新たにコトを起こすのは
リスクがつきまといますが

ただこれに関してはリスクとリターンが
釣り合うのだろか?

と感じてしまいます

さてどうなるものか?
気なるところです

なのですけどただ1つ

英国がどのように変わるか
定かではありませんが

この方向性だけは
変わらないように感じます

👇👇👇
日本経済新聞

この流れは凄く早く感じるのですね

冒頭の英国

最大級の運用会社に
リーガル・アンド・ジェネラル・
インベスト・マネジメントがありまして

ここが日本株を対象とした
ESG指数の開発に動き出したと報じられました

米国のステート・ストリートも
同じように動いているとか

わが日本においても昨年
【東証インフラファンド指数】が設定されましたしね

インフラファンド:
再生可能エネルギー発電設備や
港湾施設等のインフラへ投じるファンド

世界中で脱炭素の動きが加速しています

こうなると1つの銘柄へ投じるのでは無く
TOPIXや日経平均みたく

たくさんの企業へ投じる行為が
出来るようになります

ただそれらに関する投信は
存在しなかったので

まだまだ市場が小さいのかな~
と感じていました

昨年末にはじめて登場しましてね

《カレラインフラ・ファンド》
byカレラアセットマネジメント

この運用会社は安藤証券の
100%子会社

安藤証券は愛知県名古屋市が
本拠地の証券会社

創業は明治41年と
歴史のある証券会社さんです

こうなると大手が参入するのは
時間の問題かもしれませんよ

世界最大級の運用会社
ブラックロック

ここも本気で脱炭素の方向で
動いていますしね

個人の資産づくり
間違いなく柱の1つになりそうです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。