ブログ Blog

出産の一時期42万円は据え置かれましたがあなたの公的給付はご確認を

お客さまがちょっと期待されていましたけど
見送られたようです

👇👇👇
日本経済新聞

50万円へ引き上げる要望がありましたから
そうなるかと思っていましたけどね

まだ時期尚早のようです

出産費用の全国平均が
上昇していますので

それに伴っての引き上げ要望

ちなみに出産費用の全国平均は
50万5759円

最高値は東京の
62万1814円

最安値は鳥取の
39万6331円

この制度は全国一律同額支給ですので
42万円では足りない都道府県が多いようです

だから早くアップを!
と言いたいところですが

この一時金は
都度増額されていますものね

30万円(1994年)

35万円(2006年)

38万円(2009年1月)

42万円(2009年10月)

とてもありがたい制度です

あわせて記事にもあるように
この42万円のなかには

脳性まひに対する補償の掛け金も
含まれている

現在は1万6000円ですけど
以前は30000円でした

それを次の改正では
1万2000円に下げますから
この点も良い改正になりそう

とはいえ協会けんぽの場合は
全額保険料から支払われていますので

財政は大丈夫?の心配は
続きますね

維持がムリなようであれば
保険料アップ…になってしまう

何はどうあれ人口が減少するのですから
税も社会保険料も
下がる方向にはなりそうもない

ですので安くない社保料等を
支払っているのですから
その恩恵はきちんと受けたい

それを把握した上で
足りないのであれば民間を活用ください

しかしこの出産育児一時金

病院へ支払うわけですが
出産費用を決めるのはその病院の自由

であれば一時金が上がれば
出産費用も上がるのでは?

なんて思ってしまいますが
病院の経営も簡単ではないようで

出産が減っているだけではなく
分娩に伴う医療事故は増えている

なかなか難しい問題です

いずれにしても
自分が受けられる給付等は
把握しておきたいものです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。