ブログ Blog

新たなTOPIX算出ルールが発表されました

概要が発表されました

👇👇👇
ロイター

もっと詳しく知りたい方は
当グループのサイトをどうぞ

👇👇👇
日本取引所グループ

かなり配慮されたのでしょうね

移行時期とそれによるデメリットが
心配されていまして

〇〇年◇◇月△△日に移行
となれば

手放す銘柄を公表しているような
ものですから

それを狙って売買する人たちがあらわれる

ですけどその反面一般の方は
何も対策をとらないでしょうから

損失が生じる可能性があって

どうなるのものかと
心配する声があがっていました

記事内にあるように段階的に
移行とのことですから

多少なりとも影響を
最小限にとどめる工夫がなされた印象です

ただどうなんでしょうね?

TOPIX連動のファンド
売れているのだろうか?

資産づくりにどれほどの人が
保有しているのだろう?

この20年~30年の日本事情を鑑みれば
積極的には購入しないような…

とはいえアンパイの1つとして
組み入れるのはうなずけます

 

SBI証券をお借りして
残高を参照にしてみると

まず全ファンド数は2,651本

その中で純資産残高のNo.1は

9474億円集めている
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド

もうすぐ1兆円に乗りますね。。
すごい。。

そしてTOPIX連動のファンドで
最も資金を集めているのは

336億円の
ニッセイTOPIXインデックス

これは216位でしたね

216位/2,651本ですから
売れている部類に入ります

となれば保有中の方は

TOPIX完全再編に伴って
多少の変更は必要になりますね

今よりももっと大型企業に偏る
ファンドになってしまうので

さらにリターンが下がるのでは?!

ですけど現在のTOPIXは
日銀&GPIF含め

大量に購入されていますので
すでにおかしな状態になっています

TOPIX内の小さな企業へも
資金が入っていますので

本来よりもたくさん買われている?!状態

どちらにしても再編に伴って
変更が必要なのは避けられそうにありません

現在保有中であれば
気にかけておきたい事柄です

2022年4月4日が再編ですので
どうぞご注意を

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。