ブログ Blog

ネット証券を変更されますので【ほふり】を活用します

LINEの上場廃止が決まったようですね

👇👇👇
日本経済新聞

2大経済圏が一緒になったわけですから

どのような新ビジネスが生まれるか?!
注目が集まっています

ヤフー系のPayPayは
この分野で頭一つ抜けていますけど

LINE側のLINE証券は
いまひとつ?!の印象

ただここ最近今までに増して
経済圏を意識する時代になったように感じます

ちょっと話はそれますが先月
RCEP(東アジア地域包括的経済連携)
署名が終わって

世界においてもますます
経済圏の意識が高まっていますしね
※NHK NEWS WEB 引用

世界も個人も経済圏の中の行動が
柱になるのでしょうか

 

さて個人の資産づくりにおいては
必須になりつつあるネット証券

2大巨頭はSBIと楽天になりますが

それぞれグループである
◆住信SBIネット銀行
◆楽天銀行
も2大ネットバンクになりつつあります

今月公表された
【女性が選ぶインターネット銀行ランキング】

👇👇👇
PR TIMES

総合満足度1位は
住信SBIネット銀行

利用率1位は楽天銀行

銀行においても経済圏の利用が
増えているように感じます

証券においては投信積み立てにおいて
クレカ利用の可否の点で
楽天証券が多少有利に感じていますが

来年からはSBI証券においても
三井住友カードが利用できるようになる

この2社の地位は
しばらく続きそうです

 

そしてこの度お客さまが証券会社を
変更されるようで

SBI証券から楽天証券へ変更です

ラッキーなことに
たまたまなのですけど

保有中の投信(ファンド)が
両社とも取り扱いがありましたので

スムーズに移行が出来そうです

こういう時の手続きに関しては
株式と同じく
【ほふり】で移動(移管)してくださいね

👇👇👇
ほふり(証券保管振替機構)]

もちろん移動したい投信が両社において
取扱いが無ければなりません

ただ1投信について
3,000円の手数料が必要ですから
出来るならば移動させない方が良いですけどね

どちらにしても
個人のおかね管理については

SBI(ヤフー系)
or
楽天

どちらかは選択ください

利用後も便利な2つです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。