ブログ Blog

日本と外国の二国へ税を支払っていることは案外知られていない

広島もGoTo除外を申請されたようで

どうでしょう?
認められますかね

GoTo施策自体は良いと思いますけど
またすべてが止まりそう

とは言っても仕方が無いので一瞬だけ止めて
施策の延期を望むところです

ただ利用者さんは
税の管理はされているのだろうか?

GoToの得した金額は
所得税の対象ですから

念のため管理は必要かと

合わせてコロナによる
持続化給付金も同じ扱いでしたね

例年よりも数字の意識が
必要な1年になりました

 

そういえば貯蓄に関しても
税の話題がありましたよ

ゆっくり貯蓄に最適な
投信ですけども

2020年1月から利用者にとって
良い変更がありました

【外国税額控除】
適用範囲が変わりましてね

そもそも外国の何かしら投じましたら
その外国の税制が適用されますので

◆その外国の税

◆日本国内の税

が適用されて二重課税されています

ただ外国籍の投信(ETF)に関しては
申告すれば二重部分は戻ってきますからね

外国籍の投信の意味がわかりずらいですか。。

それに関しては
つみたてNISAやイデコで購入している人は
ほぼ該当が無いので割愛するとします

ややこしい話になりますので。。

話を戻すとしまして
外国株式のファンドを購入している方は
たくさんいらっしゃいますね

そうすればそのファンドから配当を
受け取ることになります

ちなみに再投資している人も
受けとったことになっていますから

その時点で目には見えませんが
税を支払っています

そうなると外国の税と
日本の税がダブルで徴収されるところ

自動的に調整してくれることになりました

有難いことですよ

詳しくはこちらをどうぞ

👇👇👇
日本証券業協会

配当に対する税ですから
微々たるもの?!

なのですが

昨今の運用会社は
その微々たる競争を行っています

1年2年で終わる貯蓄ではありませんので
チリツモは〇〇十万円に膨れ上がるのです

ですので購入される時も
その微々にこだわってください

複利の効果は絶大です!

アインシュタイン曰く
【複利効果は人類最大の発明】
ですので

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。