ブログ Blog

気になるファンドが組成されます

近づいてまいりました
11/3の米国大統領選

そろそろ株価や為替に影響が
出始める頃

バイデンさん有利は変わりませんが
どうなることでしょう

なんだか資金面でも
バイデンさん有利で

トランプさんに寄付する企業等々が
少ないのですかね

かたやバイデンさんは
かなりの寄付があるとかで

その中のお一人

ご自身も出馬表明した
ブルームバーグさん

米国の通信社
ブルームバーグの創業者ですね

バイデンさんに最低1億ドルを
寄付するとかしないとか

応援者がケタ違いであります。。

何事もなく終わればいいですが
波乱の予感です

 

さてそのブルームバーグから
新たな情報が

ブルームバーグの記事は時折
ブログで引用させていただいておりますが

こちらは通信社でありながら
ファンド運用にも携わっておられる

債券ファンドを金融機関から
いくつか買収していまして

金融事業も手掛けています

このように書くと
片手間事業に聞こえますが

世界的にはかなり信用されています

そのブルームバーグが
👇👇👇
投信資料館

MSCIは米国の金融サービス業で
超大手です

日本にここと近い企業は
ありますかね?

ちょっと浮かびませんが

ブルームバーグとMSCIで
新たなファンドを作るわけです

このコト自体がちょっと
珍しいのですがそこでは無く

ブルームバーグが得意としているのは
債券ファンドです

コロナによって世界同時
債券金利安の中

新たに新興国関連
かつ
ESGに絡めて放り込んできます

債券ファンドがちょっと?の時代に
なっていることもあって

新たな軸となるファンドへ
成長するでしょうか

昨今は株式ファンドが注目を集めていて
かつ米国が一強の様相

そんな時こそ
足元をすくわれるのが世の常です

債券は今後キーワードになると
考えられますので注視ですね

どうぞ何かへ偏られぬよう
ご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。