ブログ Blog

毎月7万円を国民に配る!が賑わいでいます

竹中平蔵さんの
ベーシックインカム発言

賑わしているようですね

👇👇👇
J CASTニュース

◆ベーシックインカム

すべての国民に対して
最低限の生活を送るために
必要とされる額を支給する政策

ここ数年よく耳にしますが
コロナによってさらに増えた印象

どうなのでしょう?

まったく現実的に受け止められないのは
なぜだろう?

この度の発言は
毎月7万円を支給する話

4人家族であれば
毎月28万円が支給される

ただ一人7万円の数字は
満額の国民年金より多いですからね。。

現在の国民年金

全期間の40年をすべて納めても
月に64,941円。。

やはり国民年金は
大問題であります。。


誤解のなきように念のため!

支払う年金保険料と
受け取る年金額を計算すると

その点は優秀な制度であります

 

話はそれましたが仮に
ベーシックインカムが導入されると

年金制度は無くなり
医療保険制度もほぼ無くなりそうです

それらを財源にして
あまねく配るのでしょうから

このあたりの話は
専門家に任せるほかありませんが

貯蓄に関してはどちらも
同じ対応になりませんかね

現在の制度では
働けるうちに稼いで

それを年老いた時のために
先送りします

ベーシックインカムの場合は
年齢や健康上の理由は関係なしに

ずーっと同じ額が支給される

ですけど支給額が7万円としたら
その額だけでは退職後に暮らせない

結局どちらの制度にしても
将来へ資金を先送りすることに
変わりはありません

となれば先送りするツールは
効率的でラクな方が良い

《殖やす》はとても大切なことです

ですので運用を行うために
過去のデータや情報を取り入れたい?!


それには正解がありません

マニアックですが
関心のある方だけどうぞ

👇👇👇
ウォールストリートジャーナル

※有料版かもしれません…

《低リスクであることは
時に高リスクよりハイリスク》

みたいなことです

なんとなくアメリカっぽい
書き方ですがおもしろいですよ

様々な角度から検証して
投じる対象を決めましょう

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。