ブログ Blog

ドコモ口座の不正引き出しで預金者はどうなるのでしょう?

ドコモ口座の不正引き出しが
問題となっていますね

身近な金融機関では
中国銀行でも発覚したとか

20行が相次いで
登録停止にしたようですが

被害額はかなり大きくなりそう

ここまでの案件は
過去にありましたかね?

どこが責任をかぶるのか?!
気になるところです

 

そこであらためて
ネットバンク&証券に関しての
決めごとを

まずネットバンク

仮に不正アクセスにより
送金されてしまった場合

預金者に過失が無いとしたら

現在のところ
金融機関が補償してくれます

これは金融機関の
過失有無に関わらず補償対象です

全国銀行協会が
明記していますよ

👇👇👇
一般社団法人全国銀行協会

 

次にネット証券の場合

残念ながらどの証券会社も
明記しておりません

そもそもネットバンクの不正アクセスの場合
不正送金によって被害が生じます

ですがネット証券は
自分の1つの口座にしか
出金することが出来ません

そのため不正アクセスによる
出金の心配はない?!
と思いたいところです

ただ不正アクセスによって
情報が漏洩することは起きています

合わせて不正売買が行われる不安は・・・

 

ネットバンクではワンタイムパスも
破られていますから

月並みながら小まめなパス変更ぐらいしか
対応はありません

もちろん無料&フリーWi-Fiの使用は
もってのほかです

以上の内容を踏まえると
バンクも証券も完ぺきにはなりえません

やはり自己責任がついて回りますから
小まめなチェックは必要です

ちなみにこの度のドコモ

全国銀行協会の理屈からいえば
補償対象ではありますが

ドコモへ請求するでしょうね

どちらにしても
預金者は保護されそうですが
どうなることでしょう

結果によっては
今後のネット金融の方向性をも
左右しそうですので注目です

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。