ブログ Blog

広島市の交通費助成は今月末で廃止のようです

お盆のような連休が明けると
いくつかのデータが公表されますね

Uターンラッシュやら
期間中の事故やら

中でも6月~8月は
高齢者の事故が多いらしく

今年はコロナの話題がありつつも
注意喚起を目にしましたよ

高齢者の事故に関しては
他人事とは思えなく

母は79歳になりますからね

帰省した折に免許返納について聞きますと
そのつもりのようでした

近く返納するようです

かなり安心します
間違いなく判断は鈍っているでしょうから

そうなると多少なりとも
タクシー利用が増えるでしょうね

高齢者における
自動車所有の支出

年間30万円~50万円を
よく目にします

少なく見積もって年間30万円として
月に直せば25,000円

毎日タクシーを利用したとして
日割りにすれば約833円ですか

どうなのでしょう?
妥当な金額なのだろうか

そういえばタクシーも含めた
交通費の助成

広島市にもあった気がして
調べてみますと

廃止のようです。。

👇👇👇
中国新聞

今月8月末で打ち切り。。

《高齢者いきき活動ポイント事業》
があるからこれに一本化するらしい

その事業が気になる方は
広島のHPを

👇👇👇
広島市

ちょっと浸透しにくい
事業に感じますがね。。

実質交通費は減額or無しの印象です

 

そして先月末に厚労省から
発表されました

毎度おなじみの平均寿命データが

👇👇👇
NHK

もう特段おどろきませんね

最近では《預金寿命》なるワードまで
登場しています

絵空事のような
計算方法ですが。。

お盆にご両親&ご親戚に会われた方は
少なくないかと

ご年配の方々の収支状況

あらためて思い出され
ご自身の未来と照らしあわせては
いかがでしょう

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。