ブログ Blog

ベストセラー経済書が映画化されていたとは知らなかった。。

知らなかった。。
映画化になっていたことすら。。

しかも7/7まで
上映されていた。。

【21世紀の資本】
ご存じです?

フランスの経済学者
トマ・ピケティの書籍

数年前の書籍で当時発売当初から
かなり話題になっていましてね

買うつもりで書店に行きまして
念のため立ち読みしたら

小難しいどころじゃなく
ちょっと読むのに疲れそうで。。

その後に発売された
漫画版を読みました。。

しかし見たかったですね

これが本編予告です

👇👇👇

仕方が無いのでDVDを探すとして

この書籍によって
有名になった不等式が

👇👇👇

r>g

r(資本収益率)>g(国民所得の成長率)

◆資本収益率
資本自体が生み出す収益

◆国民所得の成長率
給与の伸び

この説明を文章で読むと
わけがわからない。。

要は資本の格差が
ハンパないとおっしゃりたい

株式や投信に不動産に投じれば
資本がさらに資本を呼ぶ

それに反して
労働給与の伸びは年に1回~2回で
微々たるもの

ですので
r>gになると

そしてこれはおかしい!
と言うわけです

 

本当にわかりやすい不等式で
確かにそうです

資本に投じれば
5%以上なんてザラで

なのに世界経済は2%~3%の
成長率で

かつ労働者はその落ちてきた
しずくを受け取るわけですから

それだけを見ても
格差が縮まるわけはない

かつ資金量が違うわけで・・・

 

その解決策を提案されていますけども
政策の話になりますから

私たちが出来ることには
結びつきません

ですので資産を殖やしましょう!?
はちょっと短絡的ですが

世の中の仕組みがそうである以上
労働のみに精を出してもですね・・・

などと思うわけです

仕組みを変えるチカラがない以上
うまくその一端を活用したいもの

しかし見たかった。。

なんとか探しましょう

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。