ブログ Blog

2つの評価をチェックしてからご購入を

興味深い記事ですよ

投信を始めたい

自己管理したい方はぜひ

👇👇👇
日本経済新聞

昨今は平均点狙いの
インデックスが主流ですけど

それに逆らった
攻める=アクティブの内容です

個人的にはアクティブの時代が
やってくると感じております

それはいいとして

さらっと書いてありますけど
大切なコトが記してありますよ

まず具体的に登場しているファンド
知っておいて損はありません

【コロナショックに
強かったファンド】

【老舗投信】

注目しているポイントが面白い

そしてこの記事で大切な点は
評価に触れているコト

👇👇👇

【定性的】な評価

投信を評価するとき
2つの基準で評価をします

①定性的

➁定量的

様々な評価において
用いられますよね

①定性的
数字だけではわからないこと

➁定量的
数字でわかること

 

➁は過去の運用実績等
数字で判断できる内容

ただ攻めるタイプ=アクティブは
過去の数字だけではわかりません

ですので
①定性的はとても大切なのです

そしてそれを行っているのは
評価機関です

この記事に登場している
【格付投資情報センター】は
それにあたります

ちなみにこの
格付投資情報センターのHPには

投信評価情報提供として
先の2つを説明されています

👇👇👇
投信評価情報提供

攻めるタイプ=アクティブを
導入される場合

ぜひチェックしてください

有名どころの評価機関は先の
格付投資情報センター以外に

◆スタンダード・アンド・プアーズ
◆モーニングスター
◆リップス

などですね

どうぞ2つのチェックポイントを
おわすれなく

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。