ブログ Blog

最新の【相性の良し悪し】からあなたの資産づくりを見直しておきましょう

時期的にGPIFの話題が多いですね

しかも3月に約5年半年ぶりに
配分(ポートフォリオ)の見直しを
行ったばかり

特に注目される時期でもあります

3日連続になってしまいますが
参考にすべき内容が多いのでどうぞ

記事はこちら

👇👇👇
日本経済新聞

赤字のことはどちらでもよくて
【外債】のことです

現在の配分は
👇👇👇

外債は25%を占める

そもそも外債の位置づけは
『高金利を取りに行きたい』

ですけど為替リスクがありますから

『高金利分は為替によって吹きとぶ!』
などと言われることもあります

まあ何をしても賛否はあるものです

そして現在の外債は25%ですけど
今までは15%でした

15%➡25%へ
10%アップです

大きなことですよ
10%アップは

 

ちなみによく聞くことが
ありましてね

『外国債券は円安になったら
得をする!

だからリスクはあるけど
いーのです!』みたいなことを

ですけどそれはポジショントークで
それを売りたいだけでしょう。。

だって外国株式だって
円安になったら同じことですもの

 

それは置いておくとしてGPIFが
外債の比率を上げたのは

国内債券の利が
低いからですよね

であれば外国株式の比率を
上げても良いわけですが
それは行わない

株式より債券の方が
安定しているだけではなく

債券から得られる利子も
大きいと言われます

ただこの度のコロナによって
世界同時金利安になっているわけで

方針転換が必要かもしれません

現に7/3の記者会見
『外債をすぐに買いに走ることはない』
と言及されていました

 

そしてもう1つ
大切なことが【相関関係】です

それを専門用語で
【相関係数】と呼んでいます

相性の良し悪しのこと

分散が必要!は
周知の事実でありますけれども

その意味合いは
一方が上がればもう一方は下がる

相性が悪いもの同士が
必要なわけです

その最新データを
東証マネ部さんが公表してくれています

ここに画像を貼ると
ちょっと見えにくいですけども

👇👇👇
東証マネ部

上表はリーマンショック前

外国株式(先進国)(ヘッジなし)の
一番右側

外国債券との係数は
−0.19%ですね

相関係数は
−1~1で表示されまして

−1がもっとも相関が悪い

1がもっとも良くて
その2つは同じ動きをするわけです

ですので分散にとっては
−1がもっとも良いことになります

それを踏まえて−0.19は良く

相性が悪いということになり
分散にとっては良いことです

 

それが直近の
リーマンショック後で見ると

👇👇👇

0.23まで上昇している。。

プラス圏内に入ったわけで
同じ動きをすることが増えたのでしょう

そうであるならば
外国株式を組み入れていても

外国債券は?の可能性は否めません

さてあなたは組み入れますか?

個人的には過去分を
放置しているだけです

少額でもありますし・・・

株式と債券が反対の動きをする!
過去の産物かもしれません

あらたに始める方
配分を見直す方

共に考えましょう

専門家の意見ほど
当てにならないことは
ありませんので

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。