ブログ Blog

最新の出生率は12年ぶりの低水準!理由はそれっぽいが・・・

コロナの話題ばかり目に付くなか

今年も発表されましたね
合計特殊出生率

👇👇👇
日本経済新聞

12年ぶりの低水準
1.36

この数字とても大切なのですけど

中には気分を害される方は
いらっしゃいますよね

言う人は
はっきり言います

貢献しろ!みたいなことを

晩婚化や未婚率の影響が
あると言われますがどうでしょう

ただ不妊(治療)の影響も
多きくないですか?

我が家もその部類に
入ってしまうが

こればかりは授かりもの
思うようにはいきにくい

 

さて年金にしろ医療にしろ
少子化の影響は大きいですよね

日本ではこの度の1.36を
2025年までに1.8へ上げる計画

児童手当&育児休業給付の拡充も
検討されるほど
チカラを入れますが

統計上では
《豊かになれば出生率は下がる》
と聞きませんか?

でもこれ
間違いであることが
かなり前から指摘されています

 

HDIという指標があります

◆HDI

人間開発指数

国の先進性を示す指標

●平均寿命

●教育水準

●一人あたりのGDP

がベースで【1】が最高です

 

先進性が進むにつれ1へ近づいて
出生率も1へ近づくほど下がります

ですけど0.86まで上昇すると
出生率は上がる国が多いと

あわせて女性の社会進出

出生率低下の原因などと
言われますが

これまた逆の結果を導き出している

もちろん誤差はありますが
下図が直近のHDI

👇👇👇
GLOBAL NOTE

ちなみに日本は19位で

👇がネイチャーの調べ

ネイチャー

そしてコロナ禍の中
ハンガリーからニュースでした

不妊治療の無償化を決定したようです

👇👇👇
AFP BB NEWS

たくさんリンクを貼りましたが
日本においても
不妊治療の健康保険適用

検討していただきたいもです

補助は創設されていますけども
高額になりがち

少子化対策は社会保障の根幹です

 

ちなみに先のHDI
人間開発指数

投資商品があっても
良いと思いません?

指数があれば何でも乗っかりそう

ですけど見当たりませんね
なぜだろう?

先進性が進むほど
経済爆発が起こりにくいからか?!

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。