ブログ Blog

毎月第一金曜日は大事な指標発表日です

2か月ほど前から
1週間に1回ほど電話がかかってきます

男性経営者さんなのですけど
お客さまではなく

7年~8年ほど前に某外資系保険会社で
ドル建て保険に加入されています

会社契約でかなりの高額。。

それを解約するか否か?!
を決定するために

『どう思うや?』の電話

当時の担当者さんが
いらっしゃらないのですね

 

解約をいま考えられている理由

その保険には満期があって
2年後に到来します

そうなると決算に影響を及ぼしますし

かなり高額なので
為替の影響も半端ない

満期が到来する前に
ある程度整理をつけておくためです

 

ちなみに為替が絡む商品

個人さんで加入される場合
満期等の終わりがあるモノは控えてください

為替レートの高安に関わらず
強制終了せねばなりませんので

 

それはいいとして
悩みに悩まれましたが

おそらく週明け月曜日に
解約予定です

昨晩1つの指標を確認してから
決めたかったのです

それはアメリカの雇用統計

正確には

【米国雇用統計
非農業部門雇用者数】

発表される指標の中で
最重要指標ですね

貯蓄へ投資や為替商品を
導入されていれば

知っておいて損はありません

毎月第一金曜日に発表
まさに昨日だったわけで

それを見て決めようかと

現在の米国
えらいことになっていますよね

コロナ&暴動&選挙近し

間違いなく悪くなる!
が大方の予想

 


意味が分かりません。。

👇👇👇
ブルームバーグ

めちゃくちゃ良かったわけです

なぜだ。。

 

結果は記事に書いてありまして
250万人ほど増

数字のイメージが
わかりにくいと思いますけど

この手の指標は
発表前に予想数字があるのです

『大方の予想は・・・』
なんてフレーズを聞きますよね

この度の予想
-800万人だったわけで

それが+250万人って
こんなこと滅多に起こりません

何かおかしなモノが潜んでいそうな。。

とはいえ決定数字なので
米国は急上昇かも?!でしょうか

ぜひこの米国雇用統計だけは
気にかけてください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。