ブログ Blog

ファミリーオフィスと呼ばれる専門家の知恵を

お客さまから動画が送られてきた

上手く貼れないのですけど
花火の動画

全国で何か所か
シークレット花火があがったのですよね

広島でもあがったようで

イキなことをされるものです

協力団体の援助と
クラウドファンディング

花火業界も大変そうだ。。

火薬って保存がきくのだろうか

花火大会の開催
出来ればいいですね

 

ただ金融の世界において
火薬は良くなく。。

《〇〇の火薬庫》
などと揶揄されます

次の火薬庫になるであろう場所

段々と話題に
あがり始めているのが台湾

 

現政権がアンチ中国ですものね

今に始まったことではありませんが
1つの中国になるのだろうか

ですけども世界に対して
影響が大きいのは台湾より香港

数字だけで比較すると
台湾の方が大きいのに

《面積》
台湾:九州よりやや小さい(36,000㎢)
香港:東京都の約半分(1,106㎢)

《人口》
台湾:約2,300万人
香港:約730万人

《GDP》
台湾:約5,800億ドル
香港:約3,200億ドル

 

それでも圧倒的に
影響が大きいのは香港

国際金融センターでありますから

世界の富裕層含め
投じている資金は1兆ドルらしく

この度の国家安全法によって
かなりの資金が逃げ出すとか

日本はその候補先に上がっているので
漁夫の利になるかも・・・

 

さてその富裕層で登場するワードが
ファミリーオフィス

よく紙面に登場します

◆ファミリーオフィス

投資管理と資産管理を行い
世代を超えて資産を移転させる

殖やすより継続ですね

その中身
知りたいのですけど

詳しく公表されているわけはなく

少しだけ記してある記事を
見つけました

一部抜粋すると

👇👇👇

もっとも大きいウェイトが
先進国株式で➡18%

次いで
不動産直接➡15%

ベンチャー企業&
未公開株式➡11%

トップ3で44%ですか

 

どうなのでしょう?
先進国株式が18%

全体の2割弱
こんなものですかね

殖やす意味は少ないとされる
ファミリーオフィス

それでもベンチャー&未公開含めれば
約3割は株式ですね

他に新興国があるかもしれないし

富裕層ではない
個人さんにとっては

それ以上占めていても
良いかもしれません

全体がわかりませんから
あくまでイメージですが

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。