ブログ Blog

黒人差別で解雇を言い渡した企業は投資会社でした

米国が大変なことになっている
黒人差別のデモ拡大

コロナで大打撃の中。。

人種差別は根強いですね

最初に衝撃を受けたのは
マルコムX

差別とはいいがたい内容でしたから
ショックを通り越えた

でもそれは現代でも続いていて

ときの政府やFBIにも
その思想ははびこっていそうです

 

それともう1つ

少し前に別の黒人差別のニュースが
報じられていた

👇👇👇
東京新聞

女性が通報したわけですが
人種差別にあたると

すると女性の勤務先が
解雇を言い渡す

はっきりしていますね

 

そしてその解雇を言い渡した企業は
投資会社だったようです

その投資会社とは

フランクリン・テンプルトン・
インベストメンツ

めちゃくちゃ有名な投資会社

フランクリンと言えば
これまた有名な方がいらして

マーク・モビアス

同社のファンドマネージャーを
務めた方

《新興国ファンドの父》
と呼ばれています

おそらくですね
今とても狙っていると思うのですよ

コロナで下がった?!
まだ下がる投資先を

この方の有名なフレーズに
👇👇👇

最高に悲観的な時が
最良の買い時であり

最高に楽観的な時が
最良の売り時である

があります

 

まことその通り👏

ですので
何かしらへ投じているのであれば

手放してはダメな時でありますね

ただ買うかどうか?!
そこは?です

世間が今は買い時?!
なんていう時は

大体違うものです

時期尚早か
まったくその段ではないか

ご注意ください

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。