ブログ Blog

マイナス金利の恩恵を受けていますか

30代自営業男性

つみたて中の
投信を見直すことになりましてね

新たなファンドを
選ぶことになりました

お互いの場所でPC見ながら
候補をしぼるわけですが

目につくのが米国関連なんですね

検索画面にもランクにも
常に上位へ登場しますから

自然と候補にあがります

かつ男性が現在保有している
他資産から考えて

この度は米国のみでも面白い!
となって決まりました

将来のことはわからないにしても
根強い人気国です

 

さてその米国

トランプさんがまた言いましたね

マイナス金利にしたい!と

👇👇👇
ブルームバーグ

ずっと言っています。。

ただ他の要人が反対ですから
どうなることやら

しかしトランプさんの言う《贈り物》

だれ目線なのでしょう?

いまさらマイナス金利のことは
いいのですが

なんとなく
論じられていないと思うことを1つ

 

トランプさんの言葉を借りると

もっとも
贈り物=恩恵を受けているのは
政府かもしれませんね

安く国債が発行できますから

まああくまで理屈上の話ですけど

とすると
得をしている人がいれば
損をしている人がいるわけで

それが誰か
理屈上であえて考えたら

一部の一般庶民さんでしょうか

マイナス金利は結果論であって
その発端はデフレですよね

デフレで損をする人となれば

私のように住宅ローン返済中の
借りている側です

いま住宅ローンを組む!と言ったら
誰か反対しますかね?

おそらく反対しません
低金利の恩恵を!ですので

ただ両者の損得で考えたら

モノの値段が下がれば
貸す側が特になる

 

本来1,000万円の商品が
デフレによって500万円に
なっているとしたら

買う側は1,000万円で
2つの商品が手に入る

これを借りる側として考えたら

同じ1,000万円でも
2つ分の借金を返すことになる


理屈上では損をする側です

なので借りている人は
資産運用を!

金融のうたい文句ですね

ただ理屈は通っていますから
まんざら大げさなことではありません

おかねの出入り!
確認する機会に

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。