ブログ Blog

言うことが違う・・・ご相談時によく言われることです

比較的多いお問い合わせ

30代既婚の男性よりいただきまして

FP(ファイナンシャルプランナー)の話を
聞く機会があったようで

おそらく貯める&運用の内容ですね

結果的に保険を勧められました

 

それは気にならないのですけど

気になることが1つ

ここですね
👇👇👇

すごく多いのです
こう言われることは

わたしも同じように
感じられている可能性は高い。。

最終的に何を買うのかは
違うと思うのです

取り扱っているモノが
各々違いますから

 

わたしが家を購入する時
色々聞いたのですよ

いくつかのハウスメーカーや
建築士さんの話を

そうなるとみなさん
言われることが違う

違うというか
自社のPRが強くなりますよね

それは当たり前で
それを踏まえて聞いています

 

ただ木造の特徴とか
鉄骨の特徴とか

そこはほぼ一緒の説明になるかと

それを踏まえて
決定するわけで

このたび
保険のみなんですね

提案されているモノが

 

仕方がないと思います

木造のみを取り扱っているのと
同じですから

ここが金融の特徴ですよね

木造も鉄骨も取り扱っている
会社はあるのだろうか?

知る限る無いのです

ただ金融は
そうばかりではなく

【家】のジャンルだけに
なりませんよね

【貯める or 運用 or 保障】となれば
どれもジャンルが1つではありません

 

もう一人
50代の女性からも言われました

同じく相談に行かれた時

『現在ご加入のそれより
こっちの方が良いです』と

これは当社でも
よくよく起こること

 

ただこの女性いわく

『わたしの聞き方が悪かった』
と感じられたようで

この女性は
意見が聞きたかったようです

そもそも必要なモノかどうかを

◆ただの相談
◆それを買うことを決めた相談

かなり違いますね

ちょっと気になったことでした

 

最後に余談ですけど
先日住宅ローンの借り換えをしましてね

そういえばこれも無いに等しいですね

住宅ローンを比較してくれるところは

□有料相談のみ
□相談料無料で何かを買う

この2つを提供しているところは
あるようで無い

当社はこの2つを提供しております

最後は宣伝で失礼いたしました。。

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

 

 

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。