ブログ Blog

解約してすいません・・・滅多にいわれないのに

1年ぶりぐらいのお客さまへご挨拶

30代のご夫婦

こちらのご家庭のおかね管理は
ダンナさまでして

話をすすめていたら
すいません・・と謝られた

解約してしまって・・・と

 

半年ぐらい前でしかね

ご加入いただいていた保険の一部が
解約になったのです

 

その理由は勤務先の保険へ入りかえるから

大企業へお勤めで
社員さん向けの保険が準備されている

 

ただその存在は
当初からわかっていたのですよ

当時その社員さん向けの内容も吟味して
対策を練ったんですがね

不思議に思いつつも
そんなこともあります

 


じっくり聞くと
民間の保険へ入り替えられていた

そのきっかけはマイホーム取得のようです

 

実際購入された方はわかると思うのですけど
『ライフプランを考えましょう!』
になることがある

 

そうするとその業者さんの専属になっている
FP or 保険マンが登場します

そこで『こっちがイイですよ』などになったようです

よくある話ですね

 

ただ結果的にそこでは
マイホームを購入されないようで

なんとなく後味が悪く終われたようです

 

そしてそして現在は
違う業者さんで購入することが決まって

そうしたらまた違うFP or 保険マンが登場

そしてまた違うことを言われたと

保険にかぎらずおかねに関することは
よくよく起こることです。。

 

何かパッと見て
ある程度わかりよいツールが存在しませんかね

本当のところがわかりにくいから
悩まれることになる

 

と思ったら
金融庁が新たな試みをするようで

良さそうですね
現実になると

東洋経済オンライン

 

価格ドットコムのように
全金融商品が比較できる?!

今でも近いものはありますが
これが出来たら使いますかね?

なんとなくそのポイントでは無いような。。

 

ちなみに現在の価格ドットコム

価格ドットコム投信
価格ドットコム保険
価格ドットコム住宅ローン

やっぱりここでは無いですよ
ポイントは

 

未来を描くことに難しさがあるので

その後ですからね
選択は

 

とはいえ再来年の夏には出来る可能性

これらを見ながら相談業務を進められると
今より信ぴょう性は増しそうです

 

投資信託!なんて言うと
ドン引きされることがしょっちゅう。。

金融庁には金融独特の規制をゆるめてもらいたい

楽しみに待っておきましょう

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。