ブログ Blog

楽天証券が画期的なサービスを開始します

目まぐるしく動いております

金融業界が

どの業界も激しいとは思います

ただ金融に関してここまで利用者目線の動きは
初めてではなかろうか

 

中でも個人に特化した投信ジャンル

とうとう作りましたよ
楽天証券が

定率の売却サービスを
日経新聞

 

なが~く貯め上げて
それを取り崩す時

出来ることなら
ゆっくり取り崩したい

その期間だけ運用継続できますし
税のことを考えても

 

そのサービスを行っているのは
■SBI証券
■SMBC日興証券

2社のみでした

 

そこへ今月12/29より
楽天証券も開始すると

3社に増えるだけ?!ではなくて
大きな違いは取り崩し方です

◆決まった金額を取り崩す
or
◆決まった率を取り崩す

ジミに大きく違いますよ

 

後者の《決まった率》に分があります

 

決まった金額を引き出す場合
安い時にはたくさんの口数を引き出してしまう

この口数がわかりにくいですかね

 

なんと言いましょうか

つかみ取りがありますよね

袋や箱に入っているモノを
一回でどれだけつかめるか?!のような

 

例えばトマトとしましょうか

●ノーマルのトマトの箱
or
●プチトマトの箱

 

一回でつかめる個数は
小さいプチトマトの方が多い

だけれども重さを量ったら
共に同じだったみたいな

 

であれば
少ない個数を取り崩したいのです

トマトはそれ自体の大きさは変わりませんがね

口数は毎日のように大きさが変わりますから

 

小さい時にたくさん取ってしまったら
もったいないのですよ

来年には小さい口数が
倍の大きさになっているかもしれない

 

ですので画期的なサービスが始まるのです

ちなみに楽天の新サービスは
金額&口数は選べるようです

 

しかし本当によくなった!

ちなみに当社ではですね

投信の組み入れ比率の違いによる
利回りが計算できるツールを有償で入れています

 

ですけどもう要らないような気がする

それほどたくさんのツールが
無料で存在していますよ

 

どんどん便利になっていきます

ぜひ乗っかて下さいね

サポートさせていただきますので

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。