ブログ Blog

まったく報じられない子育て拠出金

メンテナンスが増える時期なのです

年末が迫ってくると
控除のご質問が増える

会社員さんは
11月頃のご質問がピークですね

昨日伺った40代男性
お子様が3人いらっしゃる
自営業者さんです

なぜか年金の話題がたくさん出ました

 

この方は国民年金ですから
その受取り額だけを見たら少額ではあります

しかも将来の年金額は
おそらく少なくなりますし

なんとなく高齢の方々が
優遇されている感覚

 

とは言っても
子どもに関する制度としては
◆幼保無償化
◆子供手当
がありますよ

ありがたい制度に変わりはありません

 

そしてもう1つ

マスコミが報じたところを
見たことが無い制度があります

子育て拠出金
ご存じです?

 

企業が負担していますね

従業員さんの厚生年金を納めるとき
一緒に徴収されています

今年は給与の0.34%

 

厳密には従業員さんが納めているのかも

自営業者さんや士業さんには
存在しない制度ですから

お勤めの方々が
子育て支援をしております

 

何かおかねにまつわる対策をする時
この手の情報も大切だと感じるのです

直接その拠出金は受け取れませんが
日本の方向性は知っておきたい

 

75歳以上になったら
医療費が2割になるかも?!

話題にあがっていますが
その解決策が民間の保険ではないし

 

今日はあらためてそんなことを感じました

60代の男性の入院請求で

それはまた書きますが
全体を確認したいところです

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。