ブログ Blog

病気になったら?!の対応は病名ではありませんね

自己申告ですので
知識として頭の片隅に

👇👇👇
日本経済新聞

申告漏れが多いのでは?!
と言われている制度

 

特にガンなどはご存じない方は
多いかもしれません

知っておかねば請求出来ませんので
注意が必要です

 

この制度においても
確認出来るのですが

日本では病名が関係しませんよね

公的な何かを受給するとき

 

この障害年金

受給要件に病名は入っておらず

以下3点が必要な条件

 

① 初診日に国民年金or国民年金に加入

② 障害認定日に障害等級1級から3級に該当
(国民年金は1級2級のみ)

③ 保険料の納付要件を満たしていること

ですので病名は問われません

 

また医療費において最も頼りになる
高額療養費

これもまた病名は問わず
年齢と年収のみで決定

 

障害年金も高額療養費も
病名は関係ありません

 

ですけど民間の医療系の保険

入院や病名

または手術の有無によって
支給されるモノが多い

 

社会保険や医療制度の
足らずを補うはずが

リンクしてないのですよね

制度とその補完ツールが

 

ですので何を選択するか?!

とても難しい作業です

 

保険はすべて結果論

ガンになったら?

亡くなったら?

受けとれる額と支払う額

天秤にかけてあなたが納得するのであれば
導入してください

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。