ブログ Blog

奨学金へ投じる?!を資産へ組み入れる理由は参考に出来ますね

奨学金

該当の方しか調べませんからね

大体的に知られることは
ありませんけど

良くなっていきますよ

2記事に分けて
まとめてくれています

👇👇👇
日本経済新聞

👇👇👇
日本経済新聞

詳しくは日本学生支援機構
ご確認いただくとして

コロナの影響で昨年から
制度が多少変更になりました

 

返さなくても良い奨学金(給付型)を
受けられる人数が増えたのですね

審査をゆるくして
かつ
随時申し込めるタイプを追加した

良い改正ですよね

利用するか否かは別として
高校生以下のお子さまがいらっしゃれば
知っておいた方が良い内容です

 

教育ローンに比べれば
利率が低いですので

利用するならこれを一番に考えたい

念のために日本学生支援機構には
2つのタイプがって

簡単に言えば
金利固定タイプ金利変動タイプ

最新の金利は
👇👇👇

固定:0.268%
見直し(変動):0.003%

 

政策金融公庫は今日現在1.66%

民間の教育ローンは約3%以上ですので
やはり低い金利

ただ受けられる金額が少ないので
他社も含めて検討が必要です

 

しかし教育費は一向に安くならない

これだけはインフレですね

わたしは大学卒でありますけど
あらためて親に感謝します

高校卒業辺りから
家業が今一つになっていましたので

その中での授業料捻出は
大変だったはずです

 

該当の方へ新奨学金のご紹介でしたが
この日本学生支援機構

この財源は国からの補給金等と
債券発行によって集めていらっしゃる

その債権は財投債として発行されていて
国債と同じようなものですね

一般の人へも募集すればいいと思うのですが
見る限り企業さんばかりです

👇👇👇

こう見ると金融機関が目立ちます

銀行に信用金庫に運用会社

寄付ではありませんので
あくまで運用の一環として

かつ

社会貢献の意味合いが強いのでしょか?

 

ここの格付けはAA+
(R&I:格付け投資情報センター)

日本国債と同じ格付けで
金利も同じ

安全資産の位置づけでしょうね

こう考えるとわたし達の資産配分にも
応用できる点が見えてきます

投じる行為が簡単に行える今

あらためてリスク管理から
投じる先を考えたいものです

なんとなくリーマン前の
楽観的な雰囲気ですので

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。