ブログ Blog

〇〇payは思っている以上に時代を変えるかも?!

ゴールデンウイーク目前

小旅行を計画しておりまして
楽しみだったのに…

ちょっと県境を超えれる
雰囲気ではないので…

キャンセルです

いつまで続きますかね
この感じは

一斉に人が動く大型連休

色んな意味で不要な気がします

 

さて大型連休になりますと
たくさんの人が動くわけで

そうなるとおかねも一緒に動きます

《発行超》
《還収超》

2つの専門用語がありまして
紙幣の流れに関する言葉です

 

連休前になりますとATM等から
紙幣を引き出す人が増えますので

市中にはたくさんおかねが
出回ります

そして連休が終わりますと

使われた紙幣が銀行を経由して
日本銀行へ戻ります

市中に出回る紙幣が増えることを
《発行超》

その逆に戻っていく紙幣が多いことを
《還収超》

その調整を行っているのが日本銀行で
その行為を金融調節なんて言っています

 

なのですが

近年のキャッシュレス普及によって
紙幣の増減幅が狭くなっている

これは新たな動きというか

新たな仕組みが
出来るかもしれませんね

 

キャッシュレスにはいくつか
種類はありますが

将来的には当たり前になるかもしれない
仮想通貨や

〇〇payのような
スマホ決済アプリ

これらは銀行が持っている
信用創造を奪うかも?!です

◆信用創造

銀行が貸し出しを
繰り返すことによって

最初に受け入れた預金の
何倍もの預金を作り出すこと

この内容は進研ゼミさんをどうぞ

要は銀行がおかねをつくっているわけですね

 

ですがこれを変えるかもしれません

例えとしてこの話題でよく登場してくる
メルカリさん

メルカリさんのサービスに
《メルペイスマート払い》があります

使ったおかねを翌月にまとめて支払える
サービスのことで

ツケ?
貸している?

なのですがある意味

新たにおかねを生み出す
信用創造とも言えます

 

中央銀行のデジタル通貨が
少々現実味を帯びてきている中

仮にこれらが進むと
銀行の預金は減る一方

紙幣が無いのだから
銀行に預ける行為は無くなって

そうなれば銀行の専売特許である
信用創造はどうなるのか?

デジタル預金を作りますかね?

でもデジタル通貨なのだから
マイナス金利もダイレクトに出来そうだし?

ならばプラスも出来てしまう?!

 

《貨幣経済の終焉》は
現実に起こりそうです

便利になるだけ?!
のキャッシュレスですが

経済そのものを変えそう?!

雑感でした

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。