ブログ Blog

ウラ話のような記事がでることは良いことです

世の中の流れ?!
と言えばそれまでですけど

細かな点はどうでもよく
この中の一部のことです

👇👇👇
ブルームバーグ

契約者に対する支払いのために
債券等を売却してキャッシュに戻すようで

『へー』と感じるだけですが

記事内のこちら

👇👇👇

ESG関連だけは
買うようですね

時代に乗っているだけに感じますが

現実にはこんなコトが起こっています

👇👇👇
ウォールストリートジャーナル

商売ですものね

売れるモノであれば
それを作るのは当たり前で

ただこちらの記事に書かれていることは

すでに存在している売れていない商品を

あたかもESGのように
見せて販売していると

しかも高手数料で!
です

 

ここでは米国の運用会社に関しての
内容でありながら

日本でも似たようなことは
起こっています

人気ファンドを例にあげて
失礼ですけれども

三菱UFJ国際投信さんの
eMAXIS(イーマクシス)

これには
① eMAXIS と② eMAXIS Slim

2つのシリーズがあって

① eMAXISの日経225インデックス

② eMAXIS Slimの国内株式(日系平均)

投じる先はまったく同じですね

ですが日割りで毎日発生する
手数料(信託報酬)は

① 0.4%
② 0.15%

差が生じています

 

かつ同シリーズ内で恐縮ながら

これまたどこでも起こっている現象が
ファンド名と内容の誤認とでも言いますか

先日もお問い合わせいただいた
eMAXIS Slim 全世界株式

全世界なのに米国が6割強も占めていたり

👇👇👇

よくよく内容は
確認しておきたいものです

 

保険で貯蓄を行う場合もしかりで

現在の貯蓄型保険商品は
ほぼすべて何かへ投じるものばかり

どうぞ内容は吟味してください

結果はすべて契約者へ帰属しますので

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。