ブログ Blog

貯蓄へ投信を導入されている人は内容を確認するタイミングです

元乃木坂の中田さん

時折経済紙等に登場されますね

👇👇👇
朝日新聞DIGITAL

かなり深い知識をお持ちなのは
有名でありまして

生まれた時代の違いも手伝って

金利のイメージはわたし達世代と
大きく乖離しています

まあ当たり前ですよね

約30年間
0.○○%なのですから

 

さてその金利を決めている大本は
日本銀行でありまして

そういえば余談ですが

わが家の近くに
造幣局があるのですけど

数年前に息子が聞いてきました

『おかねを作っているところでしょ?』

けど紙幣は違うよと説明したら

『なんで?』と言われ
答えれらませんでした…

● 硬貨は国
● 紙幣は日本銀行

ググればすぐわかりますけどね

要は兌換紙幣にまで話が戻るので
ややこしい説明ですよ

 

それはいいとして

今後どうなるのだろう?
になっています

日本銀行が買い続けている
上場投資信託(ETF)

この4月から買いを止めてる様子

《必要に応じて買い入れる》
となって

現在はストップの状況

そして今後買う予定の投信は
TOPIX連動型のみに言及されました

日経平均連動型は買わず
TOPIX連動型のみにすると

しっくりきますよね

225社特定の日経平均より
市場全体のTOPIXを買う

ただそれによって
日経平均への影響が大きい

ファーストリテイリングが
下がったりと

すぐさま反応されています

そしてそれを行っているのは
外国の人たちか…と感じてしまう

現在の日本マーケット

約6割は外国人投資家ですよね

好きにやられている感が満載ですが
そのマネーは必要であるし

難しいところです

貯直の柱に投信を導入されていて
かつその中日本株式があれば

日経平均orTOPIX

どちらなのか
確認して良い時期ですね

日本銀行の買いは
かなり大きな影響がありますので

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。