ブログ Blog

池江さんは話題の新薬不使用?高額な治療が受けられることは有り難い

池江璃花子さん

心震えますね

現在白血病は治る病と言われていますけど
体力まで短期間で戻るのだ

いや戻されたのか

五輪が賛否のある中
池江さんは拝見したいものです

 

その池江さん
治療の内容は公表されていて

化学療法後に細胞移植を行われたと

合併症を併発されたので
簡単では無かったようです

化学療法は抗がん剤ですかね?

医療のことはわかりませんけど
その時頭をよぎったのは

話題にあがったキムリア

これを使用されるのだろうか?
と思いましたが

おそらく不使用ですね

 

◆キムリア

白血病治療薬
(がん免疫遺伝子治療)

新しい治療ですが
これが話題となったのはその金額

1回3349万円…

ただ保険適用ですので
個人負担は数十万円ほど

医療の進歩に合わせて高額になる医療費

あらためて問題提起された
治療薬です

 

そして高額な治療として
さらに話題になった新薬

覚えていらっしゃいますかね?

昨年のことでありまして
ゾルゲンスマ

 

◆ゾルゲンスマ

脊髄性筋萎縮症の治療薬

価格は国内最高額の
1億6000万円

保険適用初の億越えですので
またしても問題提起となりました

1回で億ですからね…

ただこれを待ちわびている方が
いらっしゃるのは事実

このゾルゲンスマ

対象は2歳未満の乳幼児なのですね

親御さんとしては何がなんでも!
のお気持ちかと

が財政は…

は現在の公的医療制度の下では
永遠のテーマかもしれません

 

とは言っても財政が
ひっ迫しているのは事実で

新たな高額新薬が適用になれば

それに取ってかわられた薬等や
軽い病気の薬など

除外が検討されています

花粉症やシップ等々
保険適用外の可能性ですね

そうなればそれらを使用している人たちは
だまっていません…

 

現在の公的医療保制度

国民皆保険でありまして

保険適用の対象か否か?!
は効果で決まっているようです

そこには費用対効果の
コストパフォーマンスは
考慮されていない

世界的に見ても
有難い制度でありますので

われらの保険料アップ?!
or
コストパフォーマンス

考えねばなりません

そして民間の医療保険は
その後の選択ですね

加入し過ぎにご注意ください

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。