ブログ Blog

これだけ災害が多いと保険は短期契約に!貯蓄もおなじことですね

納得しますね

👇👇👇
読売新聞

これだけ災害が多いと
致し方ありません

ただ損害保険は受け取り時が
あいまいですからね

様々な請求は考えられますが…

 

ちなみに我が家の火災保険

住宅購入時に30年一括払いでした

10年近く前になりますけど
今振り返れば良かったように感じますね

ですけど当時は今のように
災害大国になるとは考えていませんので

一括払いの割安さだけで
決めたものです

この度の改正で【長期】のリスクが
如実になりましたね

 

長期のリスク

これに関しては災害だけにとどまらず
貯蓄においても同じこと

学資金準備に老後資金準備

一般的に貯蓄期間は【長期】と
なりがちです

超低金利時代において新規加入が激減した
学資保険や個人年金

低金利商品に長期間しばられることも
これまたリスクです

かといってこのブログで書いている
投信等の市場へ投じる商品たち

長期にわたって積み立てれば大丈夫?!
これもまたリスク

変動する何かへ投じるのですから
期間が長くなるにつれ

リスクは低くなるわけがありません

 

結局おかねにまつわる商品たちは
【長期】になれば何だってリスクは高まるわけで

投じるときの市場環境と
うまく付き合わねばなりませんね

それを現代で考えれば
債券の話となるわけですが

深い内容になりすぎてしまいます

 

もし仮に長く続ければ大丈夫?!
と思われている方は

一度修正が必要かもしれません

災害と同じで
長くなればなるほど

保険会社が想定出来ないほど
リスクは高まります

ご注意ください

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。