ブログ Blog

気になるファンドがスタート間近!注目したい点があるのです

ちょっと驚きました

👇👇👇
日本経済新聞


(有料版のため失礼いたします)

昨年末には好調がうかがえる記事が
いくつかありましたからね

優秀な方々が集まると
意思決定は早いのでしょう

解散となったようです

原因は投じる先の
ベンチャー企業では無くて

内部分裂とのこと

本田さん自身が別のメディアで
語っていらっしゃいますが

話し合いが足りなかったようで

相手を知ると言うか
顔が見えると言うか

そのあたりが大切なのかもしれません

 

さてこちらは【顔が見える】でウリの
人気投信ひふみさん

いよいよ新ファンドのスタートが間近です

👇👇👇

PR TIMES

株式の運用会社さんが
初の債券運用

かなり注目しています

というのも債券運用は
とても難しいと言われていまして

投資銀行の債券部門は
超エリート集団?!

なんて言われるほどです

しかも内容を確認すると
先進国の債券が中心となるようですが

外国債券を組み入れるようで

外国債券は不要?!

の理屈が納得する時代に
どんな結果となることやら

しばし時間を要しますので
楽しみであります

 

ちなみに外国債券不要?!
の意味合いだけさらっと

これが広まったのはおそらく
楽天証券の客員研究員

山崎元(やまさきはじめ)さんが
発端かと思われます

結論だけ書きますと

日本の債券も外国の債券も
結果的なリターンは同じになるよ!です

ざっくりの理由はですね

例えば日本の債券と
外国の債券を比較して

外国の債券の方が
高金利だっとします

 

その金利差の大きな理由は2点

①その国のリスク(デフォルト)

②インフレ

です

 

①のデフォルト
わかり良いですよね

リスクの高い国は
金利を高くしないと

わざに投じてくれませんので
金利は高くなりがち

②のインフレは物価が高い国は
金利も高くなりがち

物価が高くなるのは
景気が良いケースが多いので

金利を上げて企業の投資欲を抑え

景気を抑えよう!ですね

 

となれば投じるこちらから見ると

①のデフォルトは単にリスクをとるから
リターンが得られるだけ

②のインフレは為替で
相殺されてしまいます

インフレによって
物価が上がるということは

その国の通貨は
安くなってしまいますよね

外国の債券が高金利だからといって
その国へ投じたとしても

その国の通貨は安くなり

つまりは自国の通貨が
高くなるわけで

円高となり為替によって
リターンは帳消し。。

みたいなことです

そんな理屈が通る昨今
かつ
コロナ禍で世界同時金利安

どうなることでしょうね

バランスファンド保有中でありましたら
ご確認ください

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。