ブログ Blog

災害は突然ですので対処は出来ません

大きい地震でしたね

福島・宮城で震度6強

北海道から中国地方まで
広範囲だったようで

負傷者の数は多いですけど
津波と原子力は大丈夫な様子

日本に住んでいる以上
どこで起きても不思議ではありませんね

 

地震の話題になると必ず心配される
首都直下型地震

今後30年で70%の確率で
起こると言われます

だからと言って
何が出来るわけでもなく

来たものに対処するほか
ありません

経済へも甚大な影響が及びますから
少し前にモーニングスター社が

地震と株価の関係を
リポートしてくれています

👇👇👇
モーニングスター

詳しく知りたい方は
ご一読いただくとして

ざっくりの内容としては
過去の大きな地震時

日系平均は下落しているようです

発生から120日営業日目

◆ 阪神淡路大震災:−16.1%
◆ 東日本大震災:−14.3%

などなど

そうなると首都直下型地震は
それ以上の下落率になるのでしょう

もちろん一時の下落でしょうから
それがわかっていれば問題はありませんが

その想定をしていなければ
慌てることになりますね

 

というのも現在似たようなことは
起こっていて

つみたて(つみたてNISA含む)において
人気の【8資産バランス】

この中にはリート(不動産)が

● 国内12.5%
● 海外12.5%

合計25%含まれています

その中の国内リートは
通称Jリートと呼ばれていまして

現在はちょっと芳しくない…

Jリートの中身はオフィスや
商業施設が圧倒的に多くて

かつ東京が約50%も
占めています

コロナの影響が直撃していますが
首都直下型地震になると
さらに影響は大きいはずです

現に起こってしまえば
株価も債券もリートも

全資産クラスが想像できない
状況になりそうですので

その想定はしておきたいものです

【災害時はさわらない】は
必須ですね

この度の地震

これ以上被害が大きくならないことを
願うばかりです

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。