ブログ Blog

久しぶりにSBIさんのランクを見ると時代を象徴!バランスは見直しに値する時期ですね

先日このファンドを購入された方が
いらっしゃいまして

そのニュースがありましたので
ご連絡せねばなりませんね

👇👇👇
モーニングスター

タイトル文字が小さいので
見えにくいですね

手数料がより下がりました!
です

三菱UFJ国際投信の人気シリーズ

eMAXIS Slim(イーマクシススリム)シリーズの
全世界株式(オールカントリー)

気になる方はご覧くださいね

 

しかし手数料(信託報酬)が

年率0.1144%なんて
安いレベルを超えています。。

かつ一定額以上はさらに安いんですよ。。

タダとまでは言いませんが
これで商売が成り立つなんて。。

競争が行き過ぎていると思いますね

このジャンルに関してはいずれ
かなりのファンドが淘汰されるのでしょう

気になりましたので
SBIさんを見てみました

手数料(信託報酬)の
安い順に並べてみますと

1ページ内に出てくるファンドは
20ファンドなのですけど

1位が0.0938%の
SBIバンガードS&P500

20位が0.154%の
大和ーiFree日経225インデックス

どの資産クラスにするかは別として
貯めたい方は

この20位以内から決めれば
問題ありませんね

1%前後がザラにあった
10年以上前とは雲泥の差です

大手しか残れないジャンルと
なってしまいました

 

それともう1つ気になって

積み立てのランクを覗いてみたら
時代を象徴していましたよ

画像が小さくなりすぎるので
分けて貼ります

トップ20なのですがね

👇👇👇

20ファンド中
株式以外はたった3つのみ

不動産(リート)が1つに
債券が2つ

しかもその3つだけが
マイナスリターンです。。

完全におかしいですね。。

そりゃバブル崩壊間近?!
なんて言われますよ。。

明らかにおかしいのですがただ1つ

債券に関しては
手放す時期?!

いや手放した方が無難ですかね

現在の世界主要国の国債金利

10年に限った話ですが

ドイツ:−0.43%
フランス:−0.20%
オランダ:ー0.30%
スイス:−0.38%

日本:0.06%
アメリカ:1.21%
カナダ:1.03%

などなど

マイナスであることはもちろん
日本以外は為替リスクまで付きまといます

どう考えてもリスクとリターンが
見合っていませんよね

個別に債券ファンドを
購入していなくても

バランス型保有者は
多いかと思います

今は十分に見直す時期ですよ

ぜひ一度
ご確認くださいね

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。