ブログ Blog

先進医療の件数が激減しています

確定申告期限が今年も
延長されましたね

まだまだ終わりは見えませんが

こちらもコロナの影響が
あらわれているようです

2020年度に実施された
先進医療の実績が報告されています

👇👇👇
厚生労働省

あらためて数字を見せられると
ちょっと驚きます・・・

◆先進医療

高度な医療技術を用いた治療や技術のうち

公的医療保険の対象に入っていないもので

一定の有効性や安全性を満たしたているもの

民間の医療保険に加入する
主な目的はこのためですね

実費支払いですので
高額になることがしばしば

 

さてその実績
驚くほど減少しています

ちなみに昨年は過去最高の実績で
患者数は39,178人

それが今年は5,459人

86%も減少…

理由としてはコロナのために
患者数が減少?!

ではあるのですが最たる原因は
白内障ですね

白内障の治療の1つに

《多焦点眼内レンズを用いた
水晶体再建術》

がありまして

これが先進医療に該当していましたが
昨年から健康保険が適用になりました

この技術を用いると
遠近ともに焦点が合うので

先進医療に加入している方が
たくさん受けられました

お客さまでも受けられまして
両目で80万円以上給付されましたから

かなり喜んでいらっしゃいましたよ

 

その白内障治療
昨年が33,868件

それが0ですからね・・・

全体の件数が下がるのも納得

そうなると2020年の
患者さんが多かった治療は?!

 

トップ3が

1位:1,196件
陽子線治療

2位:1,114件
MRI撮影及び超音波検査融合画像に
基づく前立腺針生検法

3位:703件
重粒子治療

1位と3位は有名になりましたかね

がん治療で行う
放射線治療

これが200万円~300万円と
かなり高額な実費支払いですので

先進医療は高額?!
のイメージです

 

ただ2位の長たらしい名前は
前立腺がんに関するものですが

費用平均は約11万円ほど

念のため4位にランクしているのは
ウィルスに起因する難治性の
眼感染疾患に対する迅速検査

これはヘルペスウィルスによる
眼の感染症診断のようで費用平均は約3万円

となれば1位と3位の
がんに関する放射線治療が
高額になるのですね

ですけど例えば陽子線治療

すべてのこれが健康保険適用外ではなく
適用される治療はいくつかあって

1つあげると
小児腫瘍(限局性の固形悪性腫瘍)

などは健康保険適用です

つまりは陽子線&重粒子線の
すべてが

健康保険適用になれば
高額になりがちな治療はほぼ無い

時間の問題でしょうか

ただそうなれば健康保険の財政は
どうなってしまうのか・・・

かなり心配ではありますが
個人での準備
国(健康保険)の準備

ちゃんと把握しておきたいものです

資産づくりにおいて経費削減は
ダイレクトに影響しますので

ではまたです

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。