ブログ Blog

上場廃止を数日前に撤回!自由はありませんので変動するモノなど無いのかもしれません

驚いてしまいました…

👇👇👇
日本経済新聞

上場廃止は今月の7日? or11日?
と言われていましたがね

それが直前に廃止の撤回とは
なぜでしょう?

バイデンさんへ交代しますから
その兼ね合いとは思いますけど

中国への圧力は簡単に
変更されないとのことでした

理由は明らかにされていませんから
様々な憶測が飛び交いそうです

 

と思ったらこんな記事が

👇👇👇
ロイター

同日に時間差で…

元高に!?

上場廃止を撤回するから
元高=ドル安へ誘導を!?

まさか交換条件ですかね…

なんてことはただの憶測です

昨年春ごろから元高方向でしたから
その流れでしょう

とはいえ何かしらの連絡は
取りあっていますよね

そう思われても仕方のない
上場廃止撤回です

 

しかしこの手の【?!】
みたいな話題を見るたびに

【神の見えざる手】は何?!
と感じてしまいます

◆神の見えざる手

イギリスの経済学者アダム・スミスの
《国富論》に登場するワード

市場において各個人の
利己的な行動の集積が

社会全体の利益をもたらすという
調整機能のこと

『市場は自由にしておけば
ちゃんと機能する』

みたく受け止められています


そんなことはまったくありませんよね。。

2つ目の記事の中国人民元

中国が導入している制度は
管理変動相場制

変動相場なのに管理です。。

対ドルの基準値がありまして
多少ではありますが
変更することは出来る

これを操作と言わずに
なんと言うのか。。

なんとも不思議であります

この度のコロナにおいても

各国の中央銀行が
おかねの量を操作できてしまう

資本市場は自由でないことが
明白となっていますものね

わたし達の生活も仕事も税も社会保障も
その流れを受けた結果ですから

資産づくりおいても多少は
その流れに乗せておきたいものです

しかし冒頭の上場廃止撤回
今後の流れが気になるところ

《神》はただの各国政府のことかもしれません

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。