ブログ Blog

今年も順調に終わりそうな特殊なファンド?!いや当たり前になる業界ですかね

自宅のWi-Fi
すこぶる具合が悪いので

年末の忙しいところ修理に来てもらいまして
解決いただきました

ですけど根本的解決には至らない様子。。

聞けば近隣住宅の
Wi-Fi利用率が高く

何というか
干渉してしまうようで
乱れてしまうらしい

この手のことはわかりかねますが
本当に助かりました

ありがとうございます

そんなことがありましたので
今後のためにもいろいろ調べてみると

Li-Fi(ライファイ)なるモノが
あるのですね

Wi-Fiの20倍の速さで快適

いくつかデメリットはありますが
世界では実用化が進んでいて

日本でも当たり前に利用する日は
近いかもしれません

 

さてどうなのでしょう?

資産づくりにおいてこれは
旬な部類に入るのだろうか?

ネットに関連する
テクノロジーの発展

これらのファンドはたくさんあります

長期の資産づくりにおいては
右肩上がりになるであろうところへ
投じる必要がありますね

ですので一過性の旬なところへ
投じる行為は適さない

まこと理にかなった話です

 

そこで参考までにこれを

👇👇👇

net Win(ネットウィン)
GSテクノロジー株式ファンド

米国のテクノロジの発展に
恩恵を受ける企業へ投じるファンド

旬なモノであり
かつ
1つに的を絞っています

主要な上位銘柄は
👇👇👇

今どきのとてもよく目にする内容ですね

 


これはちょっと特殊でして

いや
これはと言うか

この業界が特殊なのかもしれません

このファンドが出来た日は
1999年11月29日

すでに20年以上続いている
長寿ファンドになっている

この時点で不思議なのですよね。。

ITバブル崩壊が
2000年代初頭ですから

このファンドが出来てすぐに
淘汰されてもおかしくない

それが今日現在で6400億円も集めている
超人気ファンドへ成長しています

しかも下のように出来てから約5年間も
元本割れ状態…

👇👇👇


SBI証券より

購入してずっと元本割れですから
手ばしてもおかしくないのに…

ですけどその後じわじわと
右肩がりに成長しています

世界がGAFAに注目し始めた頃と
一致しますね


こんなコトを書いたのは

お客さまがこれを買おうか?!
悩んでいらっしゃる

未来のことなど誰にもわかりませんから
すべては結果からしかわかりません

ただこの方は長期資産づくりで
S&P500のファンドを保有中

S&P500は米国の代表的な
株価指数でありますが

これとご紹介のファンドは
中身がかぶりすぎませんかね

GAFAをわざわざ2つのファンドで
保有することになってしまう

どうぞご注意ください

 

しかしGAFA中心の昨今

これ以外の企業が台頭するとしても
この業界の躍進はまだまだ続きそう

となると旬なモノではなく
当たり前のインフラ業界になるのかも?!

ITバブルと似て非なる部分はありますが
どうなることか?

これも結果からしかわかりませんか

ではまたです

 

※過去のブログはアメブロさんへ

メールマガジンを配信しています。

将来の安心について、お金の専門家から最新の情報をお届けしています。
登録は無料です、ぜひご購読ください。

コンプライアンスを遵守し、個人情報保護に努めます。
強引な勧誘などは一切いたしません。